FC2ブログ

Laur「The Angel’s Message」

2018-05-03_073927.jpg

https://last-labyrinth1.bandcamp.com/releases

今回のM3の「覇権」作品はやっぱりこれなんですかね、Laurさんの1stアルバム「エンジェルズ・マッサージ」。これは戦利品写真でも度々見かけたし相当多くの人が買ってるに違いない。告知ツイートのいいね数も4桁に達してたし「覇権」呼ばわりしても構わないんじゃないかと。

…ちなみにエンジェルズマッサージっていうのはCDDBに「Message」を「Massage」と間違えて登録してしまったことによるネタな訳ですが…先日紹介したNoahさんもこのネタでいじってましたね。

さて始めに言っておきますと、このLaurさんの音楽がクラブミュージック系であることは誰の耳にも明らかだと思うんですが、これ書いてる自分は普段EDM系はほとんど聞かない門外漢なんで今回はいつも以上に適当な内容の感想になると予想されます。ご了承ください。

そんな自分が何故あえてEDM系の作品に手を出したのかと言えば、試聴においても絶大なインパクトを誇る壮大シンフォニックサウンドをフィーチャーした楽曲が目当てだったのはイベント前にも述べた通り。クラブミュージックと本格オーケストラサウンドの融合。これは流石にEDMに不慣れなメタラーであってもチェックしないとマズいんじゃないのってくらいのクサクサで大仰な楽曲の数々。まあこれは買いますよね。

とはいえ、全部の楽曲がシンフォニックっていう訳ではなくて一般的なEDM曲もあるんですけど結果的にはそれらも含めてガッツリと楽しめてます。クラブミュージック門外漢なのにけっこうヘビロテしてしまってて自分でも驚いてるくらい。
なぜ門外漢でも楽しめるのか自分なりに理由を考えてみたんですけど、この作品はクラブミュージックの多くがそうであるように大半がインスト曲なんですが、しかしながら全体を覆っているSFっぽいというかサイバーな雰囲気によってコンセプトアルバム感というか、インストにも関わらず物語性を感じさせる内容になってると思うんですよ。そういう部分がメタルやプログレばっかり聞いてる人間の感性をくすぐる所もあるのかなぁと。
その「コンセプトアルバム感」を構成する最大の要素がドラマチックなシンフォニックサウンドであることは言うまでもないのですが、それに加えて重要なのが各楽曲に散りばめられた外人ボイス。非常に多種多様なサンプリングボイスが各曲でふんだんに使用されていてそれがまるで海外のSF映画のような雰囲気を演出してます。もしこのサンプリング外人ボイスがなかったら雰囲気的にもノリ的にもだいぶ見劣りしてたんじゃないかなぁ。それくらい重要な役回り。ってかボイスが豊富すぎて各曲ともインストっぽさが薄れてる感さえありますからね。普通にラップ入りの楽曲のように聞ける。

収録曲は12曲でトータル60分の大ボリューム。フレンチコア? スピードコア? ジャンル分けはよく分からんけどとにかく速いテンポで打ち鳴らすキックが特徴的な曲が多い。

シンフォニック要素が中心の曲は1曲目、3曲目、7曲目、9曲目、11曲目、12曲目あたり。収録曲の半数がシンフォニック曲というだけでもクサメタラー向けな度合いが高いのが分かって頂けるかと。
どれも一線級のクオリティを持つ完成度の高い楽曲揃いなんですが特に気に入ってるのが9曲目の「Universum」、この曲は圧巻のクワイア&オーケストラサウンドは言わずもがな、ダブステップパートでのキラキラシンセフレーズがすごくツボでこれが今作購入の決め手になったと言っても過言でない。
1曲目のエンジェルマッサージじゃなくて「The Angel's Message ft. Sennzai」、曲名の通り人気歌い手のSennzaiさんが歌唱しています。風格の漂う本格クラシカルな歌唱に魅了されること請け合い。
11曲目「End Of The World」12曲目「Into The New World」は共にクライマックスを飾るに相応しいスケール感を備えた強力な楽曲。曲名の時点ですでにメタラー心&厨二心をくすぐりまくりですけどね。
11曲目は壮大サウンドと攻撃的なEDMサウンドが絶妙な融合を果たしておりラスボス戦な緊迫感を演出、合間に登場する絶叫サンプリングボイスがハードコア(パンクのほう)っぽさを醸してる感じもある?
12曲目のほうはEDM要素はなくひたすら美しく締めくくる楽曲。

2曲目、6曲目では民族音楽要素も取り入れてます。これもめちゃくちゃクール。
10曲目では不気味な子供の歌声なんか入ってたりしてホラー風味も。

で作中でも異色なのが8曲目「Longinus」、これがなんとポストハードコア(パンクのほう)なパートが入ってまして、ラウドなギターサウンドと低音で渋めの男性ボーカルが登場します。この歌唱はさすがにサンプリングじゃないですよね…ゲストボーカルのクレジットもないからLaurさんご本人の歌唱? 低音だけどかなり上手いですよね。

という訳でクサメタラーにもプログレ好きリスナーにもおすすめ出来る、様々なジャンルの要素が凝縮された非常に濃密な作品になってるかと思います。自分のように普段EDM系聞かない人もチャレンジしてみてはいかがでしょうか。
スポンサーサイト
プロフィール

同人音楽初心者

Author:同人音楽初心者

メタル系とプログレ要素のある同人音楽を中心に扱います。
ゴシック系やサンホラ系の比重は少なめです。

Information

↓当ブログ的に超絶おすすめなサークル2選!!!
必聴です!!!!!

http://lostmyproust.jimdo.com/

https://tomorro4.bandcamp.com/

↓その他のおすすめサークルはこちらにまとめてあります
http://adtoe.blog.fc2.com/blog-category-75.html

最新記事
カテゴリ
VA (4)
Imy (1)
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QLOOKアクセス解析