FC2ブログ

ExistRuth (Noah)「Resonance」

2018-05-03_074010.jpg

https://twitter.com/h0pstepmetamorp/status/988041149905494016

全編インスト曲のゲーム音楽/シンフォニックメタルな14曲入りフルアルバム。
個人的にも今回のM3で特に注目度高かった作品でございます。なのでトップバッターに選びました。

この「ExistRuth」というサークル、今回初めて名前を見かけた気がするしてっきり新規サークルなのかと思ってたんですけど、どうやら昨年の秋M3にも参加してたみたいなんですよね。不覚にも完全に見落としてた…。しかもその秋M3では今作のようにインストではなく女性ボーカルをフィーチャーしたEPを頒布してたようで…どんな内容だったんだろうめっちゃ気になる。そのEPのクロスフェード試聴音源すでに削除されちゃってるんですよねえ…。再販してくれないかなぁ。

さて、ゲーム音楽系のインスト音楽やってるサークルは多々いますが、このExistRuthが他と差別化出来る特徴的な要素は3つほど挙げられるでしょうかね。

まず1つ目、これだけ収録曲が多いにも関わらずその大半がアップテンポのシンフォニックメタルで占められているという構成。普通、ゲーム音楽系サークルで10曲以上のフルアルバム作るとしたら割とバラエティに富んだ構成にすることが多いと思うんですよ。RPGの各シチュエーションを想定した民族音楽っぽい曲とかアコースティックな曲とかジャズっぽい曲とか。
しかし今作は、多少の箸休め的なスロー曲はあれど、基本的にクサクサ勇壮系シンフォニックメタル曲がアルバムの大半を占めています。いわゆる「戦闘曲」ですね。殊更に緊迫感あふれる「ラスボス戦」曲と形容可能なキラーチューンもいくつも収録されており、中途半端な「ゆるい」曲はほぼ皆無、まさにメタラーホイホイなゲーム音楽サークルと言えるのではないでしょうか。

2つ目はギターの音色。これがかなり特徴的。このサークルのギターは全部打ち込み音源みたいなんですけど、パッと聞いただけだと本物のギターに聞こえるくらい迫力ある音に仕上がってるのが驚きなんですよ。中音域~高音域でハモるフレーズとか特に本物感があって、下手すると並のサークルの本物ギターよりも良い音出してるんじゃないかってくらいの「高級感」あるかも? もちろんよく聞けば打ち込みって分かっちゃいますけどね。でもここまで本格的な雰囲気を演出できるのは凄えなぁと。
そして、その生音っぽいギター音源を前面に出したツインリードギター中心の楽曲が多めなことも特徴。ここまで打ち込みギターメインのゲーム音楽系インストって同人音楽でも珍しいんじゃないかなぁ。更に打ち込み音源ならではの利点として、人力だと難易度の高いピロピロ系の速弾きフレーズを一切の淀みなく展開できることも強みと言えそう。

3つ目、このサークル主催のNoahさんは音ゲーへの楽曲提供の実績があるということ。この事実だけでも「趣味でやってる」サークルとは一線を画すクオリティであることが保証されてるようなもんですな。(趣味でやってるサークルが悪い訳じゃなくてそっちのほうがアマチュアならではの魅力があったりもするんですけどね)
http://dic.nicovideo.jp/a/noah(bemani)
ってか、ニコニコ大百科にもNoahさんのこと載ってるじゃないですか。音ゲー系ではけっこう知名度ある方なのでは。新規サークルでも何でもなかった。でも個人でアルバム出すのは今回が初だったりするのかな。分からんけど。東方アレンジでアルバム出してたのかもしれんけど。

さて具体的な収録曲ですが、14曲中、1曲目と7曲目が短めな序曲&間奏曲で、あとはほとんどアップテンポな楽曲ばかり。非常に明確なコンセプトと一貫性を持った作品です。
アップテンポな曲と言っても全てがメタルという訳ではなく、5曲目、8曲目、9曲目あたりはギターよりもストリングスやピアノの比率が高かったりするんですが、それでもクサいメロディと緊迫感は保たれていて「戦闘曲」とカテゴライズ出来る楽曲になってますね。11曲目は変拍子な展開もあってプログレ風味もあり。
ギター中心の楽曲は2曲目、4曲目、6曲目、10曲目、12曲目、13曲目、14曲目あたり。どれもアツさとクサさと速さを兼ね備えたキラー度の高い楽曲ばかり。
3曲目もギター中心ではあるんですがこの曲だけは疾走感は控え目でヘヴィさとグルーヴ重視で、割と作中では異色かもしれない。

そしてアルバムのハイライトと言えるのが終盤の13曲目と14曲目。
13曲目のタイトル曲「Resonance」は8分近くの長尺曲で起伏に富んだドラマ性の高い展開を備えた作中の山場と呼べる曲。狂ったように速弾きしまくるギターソロが圧巻(打ち込みだから速弾きではないんですが)
14曲目「The End」は作中最高の速度で爆走する非常にテンション高い曲。最後をがっつり盛り上げる素晴らしいアルバム構成になっております。

そんな訳でゲーム音楽好きリスナーもクサメタラーも必聴、特に「ラスボス戦」系BGM好きな人には全力でおすすめしたい強力無比なアルバムになっております。この迫力ある打ち込みギターサウンド是非体験して欲しい。
スポンサーサイト
プロフィール

同人音楽初心者

Author:同人音楽初心者

メタル系とプログレ要素のある同人音楽を中心に扱います。
ゴシック系やサンホラ系の比重は少なめです。

Information

↓当ブログ的に超絶おすすめなサークル2選!!!
必聴です!!!!!

http://lostmyproust.jimdo.com/

https://tomorro4.bandcamp.com/

↓その他のおすすめサークルはこちらにまとめてあります
http://adtoe.blog.fc2.com/blog-category-75.html

最新記事
カテゴリ
VA (4)
Imy (1)
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QLOOKアクセス解析