Euchaeta「Carnival Meme」

2018-03-13_013915.jpg

http://euchaeta.net/disco/2017_02_Carnival.html

先日、ポストロックの定義が難しいっていう話をしましたけどプログレの定義もなかなか厄介ですよね。どこまでプログレと呼ぶことが許されているのか。どこからプログレと呼んではいけないのか。
いや、後者はどうでもいいんですけどね、自分は「ドリームシアターなんてプログレじゃねえ!」って声高に批判したりするようなベテランのファンじゃないですから。むしろその真逆で何でもかんでもプログレ扱いしたがるタイプ。ほんの少しでも実験的だったりテクニカルだったりするフレーズあるだけで「これプログレだよね?」って言いがち。

そんな節操ない自分ですがこのEuchaetaというサークルについてはどう判断していいのか決めかねてました。前々から「同人プログレ」として紹介されていたり公式でも「プログレッシブロック」という言葉を明言してたりしてプログレ好きな自分としては当然ながらずっと気になっていた訳ですけど、試聴を聞いてみた限りでは東方っぽいメロディの民族音楽+エレクトロニカみたいな音楽性しか確認できず、どこにプログレッシブロック要素があるのか感じ取れなかったんですよね。ってかプログレ云々抜きにしてもあんまり自分の好きなタイプの音じゃなかったっていうのも正直なところ。

とは言え、界隈でプログレ扱いされてるサークルを1度も聞いたことないというのも同人プログレ(メタル)を紹介するスタンスのブログとしてアレなんで1枚だけでも聞いてみようと思ってこのアルバムを購入した次第です。
まあこのサークルが一部でやたら高評価されてるのはずっと前から知ってたのでむしろ買うのが遅すぎたくらいですが。

活動歴がそれなりに長く(2011年から活動開始?)しかも制作ペースもかなり速いサークルのようで、なんとこのアルバムが8枚目のフルアルバムであるようです。フルアルバム以外にもミニアルバムのリリースもあるので作品総数はけっこうな数に及んでる模様。

で、実際にアルバムで通して聞いてみての感想ですが…。うーんやっぱり東方っぽいメロディの民族音楽エレクトロニカっていう印象は基本的に変わらないかなぁ。明確にプログレっぽさを見出すことはほとんど出来なかった。
っていうかそもそも「プログレっぽさ」とは一体何なのか。自分はドリームシアターからプログレに入門したようなにわかリスナーだから、プログレ=変拍子を駆使したテクニカルな演奏や転調を多用した複雑な曲構成というような定義しか持ち合わせていないんですけど、でも70年代のプログレに精通してるような玄人リスナーの方だったら変拍子などの分かりやすい要素は表層に過ぎずもっと深い部分にプログレらしさを見出したり出来るんでしょうねえ…。だからそういうリスナーにとってはこのEuchaetaはめっちゃプログレなのかもしれない。けどプログレ「メタル」中心で聞いてる自分みたいなリスナーにとってはやっぱ分かりやすいプログレでは無いかな。

ていうか普通に民謡+エレクトロニカとして高品質な作品なので無理やりプログレらしさを見出す必要なんて全くないんですよね。素直に東方や民族音楽系が好きなリスナーに薦めればそれで済む話だと思われ。

とは言っても分かりやすいプログレ要素が皆無っていう訳ではなく、例えば5曲目は変拍子をフィーチャーしてますし、あと男性ボーカル(おそらく主催者自身による歌唱)の入った9曲目と10曲目はZABADAKや平沢進に通ずる雰囲気があってプログレ感あると言えなくもない。
その9曲目「The Longest Night」が個人的に作中で一番気に入ってます。インスト曲がメインのサークルなのでモロに男性ボーカル入ってる曲があるのは意外でしたね。同人音楽界隈って女性ボーカル中心の文化なんで男性ボーカルに対して良い印象を抱かないリスナーも少なからずいそうな気もしますけど、でも上記のようにプログレに通ずる雰囲気あるので個人的にはアリだと思います。あとこの曲のラストのギターソロはピンクフロイド風味の渋い叙情感もあったりしますし。
10曲目「eien」も男性ボーカル曲なんですがめっちゃ平沢進っぽい歌唱。平沢進系東方アレンジみたいな(?)
あと、リードボーカルではなくバックコーラスっぽいミックスになってますが6曲目「Be Proud of」でも男性ボーカルをフィーチャーしてまして、こっちも良い味出てますね。
他の曲でも女性ボーカルっぽいコーラス入ってたりしますがクレジットがないのでおそらく全てサンプリング音源なのではないかと。
サンプリングも含めてボーカル入ってる曲のほうが個人的な琴線に触れるかもしれない。

さっきから東方東方と連呼しまくってますけどオリジナル作品ですので誤解なきよう。まあこの界隈でこの手のメロディ出てくると東方を連想しちゃうのは仕方ないことなのではないかと…。
でも7曲目「Hope Sweet Hope」は他の東方っぽい民族音楽曲と違ってまるで映画のテーマ曲のような普遍的なメロディがあって素晴らしい。9曲目と並んでハイライト曲かな。

という訳で、プログレかどうかはさておき、「東方」「民族音楽」「エレクトロニカ」「インスト」、この辺りのキーワードにピンと来るリスナーならば買って損はない高品質作品であるのは間違いないと思います。
スポンサーサイト
プロフィール

同人音楽初心者

Author:同人音楽初心者

メタル系とプログレ要素のある同人音楽を中心に扱います。
ゴシック系やサンホラ系の比重は少なめです。

Information

↓当ブログ的に超絶おすすめなサークル2選!!!
必聴です!!!!!

http://lostmyproust.jimdo.com/

https://tomorro4.bandcamp.com/

↓その他のおすすめサークルはこちらにまとめてあります
http://adtoe.blog.fc2.com/blog-category-75.html

最新記事
カテゴリ
VA (3)
Imy (1)
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QLOOKアクセス解析