hogawish「Progress」

2017-11-10_004801.jpg

http://www.nicovideo.jp/watch/sm32151457
という訳で今回のM3のダークホース枠こと「hogawish」です。完全に優勝級のクソやっべえサークルです。
超!おすすめ!です。「神」です。
はっきり言って説明不要の素晴らしさ。なのであえて説明はしません皆さん絶対聞いてくださいそれでは。





…て説明放棄するのはさすがに無責任すぎますが、でもジャンルとか音楽的特徴についていちいち語っちゃうと「ボカロなの?じゃあ聞かなくていいや」とか「プログレなんて興味ないからスルーしよう」って思っちゃう人が少なからずいると思うんですよ。ジャンルというタグ付けは各人に合った音楽を探すのに非常に便利ではあるのですが先入観だけでスルーしてしまうきっかけにもなるので扱いが難しいところ。
この新規サークルhogawishはそんな偏見抜きで聞いて欲しいくらいには最高に素晴らしい音楽なんですよ。ボカロやプログレだから聞かないなんて選択肢を選ぶのは勿体なさすぎる。

ちなみに、このボカロPは曲構成で魅せるタイプの音楽だと思うんでクロスフェードで断片的に聞いただけじゃ凄さが分かりづらいと思います。是非ともCDでフルで聞いて頂きたいですね。
と言っても実はこの作品の収録曲ってほとんどがニコ動でフル公開されてるんですよ。それならCDでわざわざ聞く価値が薄いのか?というと全くそんな事ないです。というのはニコ動で公開されてるバージョンよりCD収録バージョンのほうがめちゃくちゃクオリティ上がってるんですよ。はっきり言って別物と言っても過言でないくらい桁違いに良くなってる。だからやっぱりCDを聞くしかないですね。

さて音楽性についてですが、まあ要はボカロでプログレなんですけどそんな属性はどうでもいいと言いたくなるくらいに普遍的な魅力を持ってます。メロディとアレンジが神がかってる。
キーワードは「壮大さ」。って言ってもストリングスを多用してる訳じゃなくてあくまでもギターとシンセが中心のアレンジ。なのにどの曲でも圧倒的な「スケール感」を実現してるのがまじで神。シンフォニックサウンドを使わずにこの何とも言えない空間の広がりを絶妙に表現できてるってのがね…尋常でないセンスだと思いますよ。

もちろんプログレとしての魅力も秀でてます。全ての曲で変拍子を使用するという徹底っぷり。動画のタイトルにもいちいち「変拍子なのに」って枕を冠してるくらいですからね、プログレ(変拍子)であることがアイデンティティになっているボカロPだと考えて間違いなさそう。
とはいえ、「気持ち悪さ」「カオスさ」を演出するための変拍子ではなくて、どの曲においても非常に自然に変拍子を取り込んでいて言われなきゃ気付かないくらい普通に聞けてしまいます。カオティックな雰囲気とかほとんど皆無でむしろ爽やかさのほうが先行してる。ただ逆に言うと、変拍子を感じづらい→変拍子を「武器」として成立できていないとも捉えることが出来るかもしれないですが、でも自然体で聞ける中にも「引っかかり」を覚える場面が確実に存在するのでやっぱりこのボカロPの個性に欠かせない要素であるのは違いなさそう。

こんな優れたボカロPが評価されてないなんておかしい!と思いきや、一応ニコ動のほうでも4000再生くらいは行ってるんですよね。そこそこの評価は得てるのか…いやこのクオリティなら余裕で1万越えるべきだとは思うけど。純粋にボカロ曲として聞いても相当なクオリティだと思うんですよね。調教もめちゃくちゃレベル高いし。

さて具体的な収録曲についてですが、7曲入りですがカラオケバージョンが1曲入ってるので実質6曲のEP。そしてその収録曲の大半が名曲級という恐るべき内容の濃さ。こんだけ密度が濃い作品をいきなり出されちゃうと、これが1st EPにして最高傑作になってしまうんじゃないかって心配をしなきゃならないほど。

1曲目「live alive」、実はこれが一番地味な曲かもなぁ…。2曲目以降は神がかった曲ばっかりなのにこの曲だけは割と「普通」。ギターがテクニカルなフレーズを弾きこなせてないのもマイナス印象。だから試聴でこの1曲目だけ聞いて判断しないでくださいね? 2曲目以降が本番ですからね。
とはいえ捨て曲って訳ではないです。割とストレートなギターロック風の曲調で他の収録曲で特徴となっている「壮大」展開も控え目なんですがそれでも普通に良い曲です。でもまあこの曲だけ聞いて絶賛に至ることは有り得なかっただろうけど。

そして2曲目「ゆつは」、これは打って変わって「神曲」。メロディもアレンジも共に凄まじい完成度を誇ります。まじ必聴。この曲だけでもこのCD聞く価値ありまくりっていう名曲。この「壮大」&「ファンタジック」な雰囲気が刺さらない同人リスナーなんていないと思うんですよ。ボカロ好きはもちろんのこと、幻想音楽好きなリスナーもゲーム音楽好きなリスナーもクサメロディ好きなメタラーも同人プログレッシャー(希少種)も、全ての同人リスナーに聞いて欲しいです。
壮大ファンタジック系の同人ミュージックとして理想的と言えるほどの完璧なメロディ展開に加え、16ビートのハイハットとブリブリのベースのコンビネーションにプログレ風のシンセが絡む緻密なアレンジには一分の隙も存在しません。まじ神曲です。
ニコ動にフルバージョン上がってますけどこのCDの収録バージョンはあちらより桁違いにクオリティ上がってますので是非ともCDで聞いて頂きたいですね。

3曲目「妥協あだぷてーしょん」、なんかチャラそうな曲名とは裏腹にこれも神曲級。変拍子リズムに乗ってオールドスクールなハードロック風のギターリフが騒がしく鳴り響き、そこにいかにもボカロ然とした早口の歌メロが絡むっていうAメロだけでも十分にユニークなんですけど、Bメロに入ると曲調が急変して2曲目同様の「壮大」ワールドに突入するんです、この落差で背筋ゾワってするくらい衝撃受けますよ。全くもって神アレンジ。ブルージーなハードロックと壮大ファンタジック世界を共存させる発想、ボカロにも関わらず見事なコーラスワークで壮大感を絶妙に演出する手腕に脱帽するしかない。これで再生数1万未満のボカロPだって?? 嘘だろ…?

4曲目「何者にもなれなかった僕たちへ」、軽快な童謡風ロックかと思いきや自然に変拍子。そしてこれもメロディ展開が神がかってますねえ…。ノスタルジックな琴線を刺激してくるメロディ素敵すぎる…。ボカロなのにめっちゃエモーショナルに聞こえるっていう。

5曲目「Fighter」、驚くなかれまだまだ神曲が続きます。この曲でもボカロック然としたAメロからBメロの「壮大」展開への切り替えでツボを突きまくってきますよ。当然サビメロも最高。もちろんこの曲も変拍子なんですけどやっぱり自然すぎる。自然なんだけど隠し味的に楽曲の面白みを増幅してるってのが天才すぎる。

6曲目「決定不能問題」、カラオケ除けば実質ラスト曲ですがこの曲もやはり神。2曲目以降は全て神。この曲は唯一ニコ動で公開されてない書き下ろし曲みたいです。ラウドロック的なエモいギターとキラキラシンセの絡み、変拍子なのに疾走感があるという巧みなアレンジ、そしてやはり「壮大」なメロディ展開。この曲も最高です。

自分はボカロ音楽を愛聴してる人間ではないんでボカロ曲に対しては少なからずマイナス補正が働いてるはずなんですよ。にも関わらずこれだけ「神」を連呼してるってことは…つまりそれだけとてつもないポテンシャルのあるサークル(ボカロP)っていうことです…やばいですね…。

しかしながら、こんなハイレベルな音楽やってるのにこのCDってジャケ付いてないんですよ。透明ケースにプレスCDが入ってるだけ。CD-Rならジャケ無しも仕方ないけどせっかくプレスしたんならジャケも作って欲しかったなぁ…。依頼料がキツいとしてもそれなりの実力ある絵師さんに描いてもらうべきだと思う。それだけの価値ありまくる音楽ですし。ジャケ無しのCDじゃ買う人少ないでしょうからね…。
あとサークルカットも落書きってのはさすがにね…勿体ないにも程がある。まあジャケを描いてもらえばデータ転用できそうだけど。
スポンサーサイト
プロフィール

同人音楽初心者

Author:同人音楽初心者

メタル系とプログレ要素のある同人音楽を中心に扱います。
ゴシック系やサンホラ系の比重は少なめです。

Information

↓当ブログ的に超絶おすすめなサークル2選!!!
必聴です!!!!!

http://lostmyproust.jimdo.com/

https://tomorro4.bandcamp.com/

↓その他のおすすめサークルはこちらにまとめてあります
http://adtoe.blog.fc2.com/blog-category-75.html

最新記事
カテゴリ
VA (3)
Imy (1)
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QLOOKアクセス解析