Octaviagrace「Outward Resonance」

http://www.octaviagrace.net/

ご存知Roman so Wordsの己稀さんが在籍するテクニカルポップスバンドの1st「フル」アルバム。っていうか最早このOctaviagraceの知名度はロマソ越えてそうですけどね。今や実稀の名義のほうが有名なのかも?

リリースは昨年の10月、リリース時がM3前の時期だったこともあり時間なくて簡易感想しか書けなかったんでいちおう記事にしておこうかと。
そういやBABYMETALの2ndアルバムも簡易感想しか書いてなかったな…でもベビメタのレビューなんていくらでもあるから別にいいか。

ちなみに、iTunesで購入してしまったんで最近恒例になってるジャケ写真は無しです。ぶっちゃけこのアルバムはジャケが最大の魅力だと言ってしまいたくなるくらいにはジャケが秀逸なので是非とも見て頂きたいんですけどね。VOFANさんの手がけた美麗イラストはコミケで売っても良さそうなほどのオタクテイストを持ちながらも一般人をキモオーラで遠ざけない普遍性も持ち合わせていて本当に素晴らしい。これは同人CDの観点から見ても指標になり得る傑作アートワークだと思いますね。

で、肝心の中身の音楽については、簡易感想でも書いた通りちょっと微妙なライン。
ミニアルバムでありながらも非常に濃密な内容であった過去作2枚に比べると、今作はフルアルバムで曲数が倍増したことによって明らかに内容が薄まってしまってる。というか単純にキラーチューン級のインパクトの曲が少ないと言わざるを得ない。前作「RECOLLECT STORIA」なんて収録曲4曲ともキラーチューンもしくは準キラーな強さを誇っていたというのに。
あと、心なしか過去作より音が軽くなってるようにも感じるし、従来のテクニカルメタルな印象が後退してしまってるかも。まあそれは一般層の開拓のために意図的にやってる可能性もありますが。
さらに、フルアルバムということもあって今まで無かったジャズっぽい曲調や民族っぽいリズム取り入れた曲など割とバラエティ豊かな作風になってるんですがそれによって散漫な印象も強まってしまってるんですよね。
で、トドメはボーナストラック。1st EP収録の名曲「Dramatic Quiet」のアレンジバージョンが収録されてるんですが、皮肉なことにこの過去曲のきらびやかなオーラと新曲の小じんまりとした雰囲気が対比されて余計に今作の曲が地味に感じられてしまうんですよ。

と、ネガティブな印象を書き連ねてしまいましたが決して駄作という訳ではありません。あくまで過去作と比べると地味っていうだけで、今作も高水準に位置する作品であることは間違いないかと。何度も聞いてれば味が出て来るスルメ作品。でもやっぱりキラーチューンが足りないっていうのは否定し難いところではあるんだけど。キラーがあと2曲くらいあればアルバム全体が引き締まったと思うんだけどなぁ。

序盤の1曲目~3曲目あたりは従来のOctaviagraceのイメージを完全に踏襲したテクニカルな演奏とキャッチーなメロディを合わせ持つ楽曲が並んでます。元々からこのバンドはメタルというよりかは「テクニカルなJPOP」という趣きの濃い作風だったと思うんですが、今作では音が軽めのプロダクションになってることも手伝ってJPOP的イメージに拍車がかかってるかな。まあ自分は音圧とか速さを求めるメタラーじゃないからJPOP的でも一向に構わないんだけど、でも単純にメロディが過去作に劣ってるというのは否めないかなぁ。ドラマ性も足りないというか。いや普通に良い曲なんですけどね、過去作が良すぎただけか。てかオクタビアはLIGHT BRINGERみたいにFukiさんの超絶ハイトーンでねじ伏せる…もとい歌メロに絶大な説得力を持たせるっていう芸当が出来ないから作曲の出来が余計に重要になってくる感じか。己稀さんもめっちゃ上達したと思うけどメロディの持つポテンシャルを積極的に引き出せるってほどの力はまだ持ってない気がするし。

で、4曲目は問題作…ってほどじゃないですが、民族調の8曲目と共に「バラエティ感」の主犯となってるジャズ調の曲。この4曲目と8曲目を許容できるかどうかで本作の評価が分かれそう。いつも言ってるようですが個人的にはこの歌謡ジャズ調がどうも苦手なものでしてどうしても印象がネガティブに傾いてしまう訳ですが、でも当然ながらこういう曲調が好きなリスナーも多いはずだと思いますしまあ結局は好みの問題っすな。ちなみに8曲目の民族調もあんまりピンと来ないんだけど両曲ともシンセによるプログレメタル風の間奏は好き。

そして5曲目「リベリオン」はメタラー待ってましたの疾走クサメタル曲。小賢しいプログレ要素は抜きのストレートな爽やかツーバス疾走。これがアルバムのハイライトだと思ってるリスナーも多いはず。
でも…個人的にはこの曲も絶賛は出来ないんだよなぁ。っていうのは、こういうクサメタル系の曲ってやはりRoman so Wordsの十八番な訳で、ロマソと完全に同じ土俵に立っちゃうとOctaviagraceは分が悪いんだよなぁ。あっちは何週間も大鍋で煮込み続けた超濃厚な豚骨スープみたいなクサさな訳じゃないですか、それに対してオクタビアはずいぶんとあっさりしてるんだよねえ。この曲はオクタビアの持ち味であるテクニカルなアンサンブルも控え目なので差別化も出来ずロマソのインパクトには届き得ない感じ。
7曲目のほうも、疾走度は少し低いけどクサメタル系っていう意味では同じ系統か。こっちのほうが5曲目よりクサさ濃いめだから比較的好きな感じかな。テクニカル要素はやはり抑え目だけど。

個人的に今作で一番気に入ってるのはボーナストラック除くラスト曲「Emerging oath」で、そうそう自分がOctaviagraceに求めてるのはこれだよ!と膝を打ちたくなるほどツボにハマる切なくキャッチーなメロディが展開される爽やかロックチューン。しかしこの曲も音が軽いせいで過去作のキラーチューンには一歩及ばない感あるんだよなぁ…。メロディは文句なしに最高なんですけどね。

そんな感じで、悪くはないんだけど薄味な印象の拭えないフルアルバムなので、初めてこのOctaviagrace聞くっていうリスナーにはミニアルバムの「RECOLLECT STORIA」もしくは「RESONANT CINEMA」をおすすめ致します。2作ともめちゃくちゃ濃厚ですので。
もちろんこのフルアルバムもハズレ作品って訳じゃないんですけどね。一般的評価は全く低くなさそうだし。プログレメタル要素が邪魔くさく感じるリスナーやバラエティ感を求めるリスナーなら今作のほうが気に入る可能性あるかな。ジャケもめちゃくちゃ良いし。
スポンサーサイト

Octaviagrace「Recollect Storia」

http://www.octaviagrace.net/

まじでツボにストライクすぎる音楽を聞くと「素晴らしい」という賞賛の前に「ありがとうございます!」っていう感謝の言葉が真っ先に浮かんでくるものなんですよね。
どういう違いがあるかというと、賞賛は客観が多く含まれるけど感謝は主観が大きいというか…そんな感じ?

まあとにかく、このOctaviagraceの新作はまさにツボすぎる音楽性な訳ですよ。テクニカルな演奏とキャッチーなメロディの両立、個人的に求めてる音楽の理想形に近いと言えます。(理想…と言っても必ずしも完璧な出来栄えって意味ではないんですが方向性としては理想的って事ですね)

前作「RESONANT CINEMA」も素晴らしい内容ではあったんですが、今作は前作にも増して理想形に近づいてる感じあります。
今回の新作は、収録曲の4曲ともテクニカル感とキャッチーさ、そしてメタル的な即効性を全て兼ね備えてるのが特筆すべき点ですね。前作は割とバラエティ感あって、必ずしも全ての曲にそれらの要素が組み込まれていた訳ではないんですが、今作はどの曲を聞いても各要素を全て味わえるような作りになっており、非常に方向性が分かりやすくなったなぁというのが率直な感想でしょうか。
ただ、方向性がまとまったことによってLIGHT BRINGERフォロワー的な印象がさらに強まった感もあり、見方によっては個性が薄まったと言えなくもないんですが…。いやでもやっぱりLIGHT BRINGERとは違いますよね。己稀さんの声質ってFukiさんとは全然違うタイプだし、演奏重視な作風とはいえやはり基本は歌モノ音楽ですからボーカルのタイプの違いは決定的なものかなぁと。

それにしても、最近の己稀さん(こちらでは実稀という名義ですが)の活躍には目覚ましいものがありますよねえ。つい先日のM3でオリジナル同人メタルの頂点に君臨するような大傑作をRoman so Wordsにおいて発表したばかりなのに、それに続けてこのOctaviagraceでもこれほどの超充実作を出して来たというね…。なんという己稀さん無双。作品を重ねるごとに歌声の魅力と説得力も増してきてる感ありますし、かつてのアマチュア臭さからほとんど脱却したと言えるんじゃないかと。いやほんとに凄い。
まあ、当然ながら己稀さんの力だけでRoman so WordsやOctaviagraceの音楽が形作られてる訳じゃないから、周囲の人材に恵まれてるっていう面は大きいんでしょうけども。優秀な人材を引き寄せる才能があるみたいな?

さて各曲についてですが、1曲目「albescence」、こりゃまた絵に描いたようなキャッチーさとテクニカルさを合わせ持ってる素晴らしい曲ですよ。
Aメロが特に良くてBメロへの流れも良いんだけど…サビメロがちょっと平凡な響きあるのが少しだけ惜しいかなぁ。やっぱりAメロが一番の聞き所でしょうな。2番のAメロでテクニカルな展開を入れて単なる繰り返しになってないのも実に良いアクセントになってるし。あと中盤の間奏も最高。前作以上にクサメタラーが好みそうなドラマチックな展開を入れてきてる感ありますよ。
前作ではギターの存在感が薄いとか感じたんですけど、今回はギターの見せ場がグッと増えた気がする? 嬢メタル出身の女性ギタリストということで個人的な偏見が入ってたのも否めないところなんですが、今回は他の演奏陣との差も縮まってるように聞こえるかな。でもまだ対等とまでは言えないかもしれないが…。己稀さんのほうもスキルアップしてるとはいえ、完璧な演奏陣にバックアップされた女性メンバー2人…ってイメージ未だにあるのが正直なところでしょうか。

2曲目「Aurally lover」、これは今まで以上にテクニカル方面に傾いた曲で、特にAメロのバックで鳴り響く複雑な変拍子フレーズが強烈なインパクトありますよね。Bメロでは浮遊感あるシンセが鳴り響きやはりプログレ感あるんですが、そこからサビの疾走展開への切り替えが絶妙すぎてまじ鳥肌ものでございます。これはほんとテクニカルアニソン(?)の理想形と言えるんじゃないかと。

3曲目「追想列車」、これは前作の3曲目に割と似たメロディ展開で、作曲者は同じ? ダウンロードで買ってしまったから作曲者を確認できないのがアレなんですが…。実は前作の3曲目ってあんま好きじゃなかったんですよ。ストレートなクサメタル系の曲調だったけど、メロディにあまり魅力を感じなかったし己稀さんの歌い方もぎこちなさ残ってたし…。しかし今回の曲は良いですね。歌謡曲的なメロディは同じなんですけどこちらはプログレ感ある演奏がしっかり組み込まれてるし、前作みたいにアルバムの流れから浮いてる感じもしない。聞き所はサビ後半のドラマチックなメロディからギターとシンセのハーモニーへの流れですね。その他の歌メロ部分はちょっと地味な印象あるんだけどテクニカルなアンサンブルに助けられてる感じか。

4曲目「アザーブルー」、これは前作1曲目に近いメロディ展開だと思うんですが、サビメロの劇的さは格段に増してるし、イントロのシンセのピロピロもクサメタラーを惹き付けそうなクサさありますよねえ。中盤の間奏で、バンドサウンドが消えてピアノをバックに泣きのギターソロ入るところとか最高ですな。強力な曲が揃った今作中でも特に完成度の高い曲でしょうね。

上述のように4曲ともテクニカルでキャッチーで即効性もありの三拍子揃った曲ばかりなので、テンションが最後まで全く途切れず非常に密度の濃い作品に仕上がってると思いますね。これならフルアルバムも大期待するしかないでしょう。
是非ともLIGHT BRINGERに匹敵する存在になって欲しいものです。もちろんLIGHT BRINGERの代替物ではなく個性もしっかり主張して欲しいですけども。

Octaviagrace「RESONANT CINEMA」

RESONANT CINEMA

ほんとはロマソ新譜の記事に続けて書くつもりだったんですけど…だいぶ遅くなってしまいました。すでにネット上にいくつもレビュー上がってますしわざわざ書く意味あんまりないかもしれないですが、まあうちなりの感想を書き留めておこうかと。

それにしても、他所様のレビューを参照できるっていうのは良いことですよねえ。それによって「一般的な評判」みたいのを把握できるから助かります。うちが主に扱ってるような知名度低めの同人サークルだと基本的にネット上のレビューは皆無、あったとしても悶絶メタルさんのレビューくらいしかないですから。(その悶絶メタルさんも最近では同人音楽に否定的を通り越して攻撃的になってる感すらありますし、まあアレなんですが…それは置いといて)

さてこのOctaviagrace、同人音楽的にはRoman so Wordsのボーカル己稀さんの参加してるバンドという点で話題になってたんでしょうけど、プログレ好きなメタラー的には何と言ってもLIGHT BRINGERを想起させるテクニカルな演奏とキャッチーな歌メロ、ここが注目ポイントですよね。実際のところ、CROSS VEINの元メンバーが立ち上げたバンドっていう情報だけでは興味が湧かなかったですし、LIGHT BRINGERに似てるって評判が無かったら自分も買ってなかったと思うので。
否応なくLIGHT BRINGERの後継候補という観点から注目せざるを得ないバンドですね。

テクニカルな印象を主に担ってるのはやはり元CROSS VEINのメンバー2人が担当するリズムパートでしょうか。自己主張の強いベースラインと安定感ある正確なドラミング、このリズムパートが織りなすタイトな演奏が中核となっていてLIGHT BRINGER的な雰囲気を生み出してると言えるんじゃないでしょうか。
とはいえCROSS VEINはシングルしか聞いてないんで詳しくは把握してないんですが(ボーカルがあんまり好きじゃなくて聞く気になれなかった…)、CROSS VEINもこのOctaviagraceみたいにテクニカル志向な音楽性なんですかね、ちょっと意外な感じありましたが。
キーボードはArt Of Gradationの人らしい、これもLIGHT BRINGERっぽい音色を奏でていてプログレ感あって良いです。Maoさんみたいに変態感(?)あるフレーズはないけど、その分だけ一般向けになってる感じか。

で、ギターは嬢メタルバンドALBION出身の女性の方みたいですが、写真とか見ても綺麗な方だなぁとは思うんですが演奏のほうはというと…なんか地味というか、全編を通してあんまりギターが耳に残らない。メロディほとんどをキーボードが担ってるイメージ。下手ってことはないと思うんだけど…でもギターの存在感が希薄っていうのも主要メンバー脱退後のLIGHT BRINGERとイメージ共通してるから別にいいのか(?)

そしてボーカルは同人音楽と縁の深い、ご存知Roman so Wordsの己稀さん(このOctaviagraceでは実稀という名義になってるようですが)。
各所のレビューでも指摘されてる通り、音程の不安定感というのは否定しがたいところではあるんですが、でもRoman so Wordsの旧作から比べたら見違えるようにスキルアップしてますよね。やはりその影には努力があったんだろうなと想像します。
それでも、タイトな演奏パートと釣り合ってるとは必ずしも言えないですし、ましてや日本最強と言っても過言ではない実力を持つFukiさんと比べるのはさすがに酷ですが…というか比較対象にする必要なんて全く無いんですけどね。
あとArt Of Gradationのボーカルは上手くはあるんだけど声質が無難すぎて面白みがなかったからあっちに比べれば全然良いと思う…ってこれも比較対象にするのおかしいかもしれないですが。
己稀さんの独特の声質はやはり大きな武器ですよね。この栗林みな実さん系統と言える透き通った甘い歌声、これに魅了されている同人音楽リスナーも多いんでしょう。

収録曲で一番気に入ってるのは5曲目「ロストモラトリアム」かな。このイントロから見事なまでのLIGHT BRINGER感。ドラマチックな疾走パートからテンポダウンして優雅なピアノが入りテクニカルなドラムフレーズが絡むメリハリの効いた展開。やっぱりここまで整ったアンサンブルは同人音楽のレベルだと難しいだろうなぁ。そしてベースラインのうねり具合が物凄い。ほとんどベースが主役の曲。歌メロも完璧だし己稀さんの歌唱も絶妙にハマってるし非の打ち所のない出来の1曲ですね。
4曲目「ラストノスタルジア」も良いですね。これ己稀さん作曲らしい? これだけ良い曲作れるってのは凄いなぁ、Roman so Wordsのほうで己稀さん作曲の曲ってあるのかな?

1曲目「Dramatic Quiet」の分かりやすい疾走展開も良いし、プログレッシブなリフ展開が刺激的な2曲目「茜」も秀逸。3曲目だけは捻りのない疾走クサメタルだからあんまり好みではないけど(歌メロは悪くないけど)、それ以外は総じてハイクオリティな出来だと思いますね。これならフルアルバムも期待大でしょう。
果たしてLIGHT BRINGERの抜けた穴を埋める存在になり得るのか…。まあ別にLIGHT BRINGERの代替物になる必要はないんですけども。独自性も十分にありますし。

当然ながら同人音楽リスナーの方々にもおすすめ…とか言うまでもなく既に皆さんM3で買ってらっしゃいますよね。
Roman so Wordsの新作のほうはどうなるのかなぁ、期待半分、不安半分って感じですが。
プロフィール

同人音楽初心者

Author:同人音楽初心者

メタル系とプログレ要素のある同人音楽を中心に扱います。
ゴシック系やサンホラ系の比重は少なめです。

Information

↓当ブログ的に超絶おすすめなサークル2選!!!
必聴です!!!!!

http://lostmyproust.jimdo.com/

https://tomorro4.bandcamp.com/

↓その他のおすすめサークルはこちらにまとめてあります
http://adtoe.blog.fc2.com/blog-category-75.html

最新記事
カテゴリ
Imy (1)
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QLOOKアクセス解析