EABLE「Be」

https://soundcloud.com/eable-man

ここもダークホース枠ですな。Djent、メタルコア、ポストハードコア、プログレメタルといったキーワードに反応するタイプのリスナーならば必聴のサークルですよ。荒削りな部分もだいぶ残ってるけどポテンシャルはかなり高め。

新規サークル…と言いたいところなんですけど実はM3初参加は1年前だったようでして…何故こんな有望なメタルサークル見逃してたんでしょうか…。不覚すぎる…。
改めて昨年秋のカタログ見返してみたら巻末キーワードの「メタル」のところにもばっちり載ってたし。ますます見落とした理由が分からん。もしかしたら当日ギリギリで情報アップされてたせいで気付かなかったんだろうか。記憶が曖昧…。
まあ何にせよ、有望サークルを見落としたらその時点で負けなんですよ。サークル側の宣伝不備とかそんなの言い訳にならない。いや、勝ち負けの問題じゃないんですけどね、でも買い逃しに後から気付いた時の何とも言えない敗北感は皆さまも知る所なのではないでしょうか。やはり同人イベントは「戦い」ですよねえ。

まあその話題は置いといて。
頒布されてたCDのほうはジャケもブックレットも無くツイッターIDが手書きで書き込まれてる真っ白なCD-Rだけしか入ってないんで詳しい情報やサークルのメンバー構成については不明なんですが、主催のEABLE小林さんがボーカル含めて全てを手掛けている1人サークルのような気がする。なんとなく。
全体としては荒削りな印象あるんですが、でもギターやドラムなど個々の音源に限定して聞いてみると十分な完成度を感じるんですよね。各パーツとも「それっぽい」音をちゃんと出せているというか。演奏テクニックも低くないと思いますし。
ボーカルも音程の安定感はいまいちだけど声質はかなり好きなタイプなんですよね。こういうスクリーモ系ハイトーンボイス好きなので。
あと足りないのは各パーツをまとめ上げて仕上げる行程のクオリティだけのような気もするんで次回作で完成度が跳ね上がる可能性もありますね。

今回のM3新曲「Be」はなんと14分越えの驚きの大作となってまして、1曲しか収録されていないとはいえミニアルバム並の存在感ありますね。プログレ系でタイトルが「Be」っていうとPain of Salvationかな?ってなるけど別に音楽的に繋がりは無さそうで、どっちかというとBTBAMの「Ants of the Sky」的なカオス感ある組曲になってますね。
14分ガッツリ中身が詰まった組曲になってまして、前作同様にハイトーンボーカルによるキャッチーな歌メロもありますがさすが長尺だけあって展開も山あり谷ありで盛り沢山、中盤あたりで唐突にジャズ風のパートが挿入されたりと実験性も垣間見えます。
でもまあ、ポテンシャル高めのサークルとはいえさすがに現時点の実力で10分越えの大作に挑むのは時期尚早な感も否めず、はっきり言って長尺を保たせるだけの聞き所が足りずに中盤以降ダレてくるんですが、でもチャレンジングな姿勢は評価されるべきなのではないかと思いますね。というか「デモ」って書かれてるしまだ完成形ではないのかな。

1年前に初頒布された旧譜の「EABLE’s EP」、これは長尺曲は無くてコンパクトな5曲が収録されているんですが、こっちのほうがこのサークルの魅力を把握しやすい内容になってるでしょうね。
1曲目「Damn」はインスト曲ですが、初っ端からこのサークルのテクニカル志向でカオティックな音楽性が顕著に現れていると言えそうですね。複雑なDjent的グルーヴに合わせて所狭しと忙しく動き回るギターが実に小気味いい。途中で挟まれるお約束のアンビエントパートも美しい。

2曲目「I Destroy 'em All (feat. Ron From K2)」、このRon From K2という人物の担当パートが謎なんですが…クリーンボーカルはたぶん小林さんだと思うからデスボイスかな?
この曲はダンサブル…とまではいかないけどアッパーな曲調でなかなかノリが良い歌メロなんだけど全体的にはトランスコアみたいに能天気ではなくやっぱりカオス系。特にブレイクダウン後はダークでドロっとした曲調にシフトしますね。後半のダウナーな歌メロも好きだなぁ。

3曲目「I」、イントロのせり上がって来るようなギターフレーズがインパクト大。この曲でもハイトーンボイスが歌い上げるキャッチーな歌メロとグルーヴ感あふれるDjentyな演奏の融合が実にスリリングです。そして、極めて個人的な感想で申し分ないんですがこの曲はうちのフェイバリットサークルの1つのともろうさんの(^o^)に通ずる感覚もあってめちゃくちゃツボなんですよねえ。

4曲目「Ghost On A Girl」はインターバル的なEDMチューン。他の曲にはEDM要素ほとんど入ってないんですけどね。

5曲目「潜むもの」、これはボカロをフィーチャリングした曲。1曲だけボカロだからぶっちゃけ浮いてるし、この曲も他の曲と同様にハイトーンボーカルで良かった気がするんだけど…女性ボーカルっぽい曲をやりたかったのかな。サビが音程高すぎてボカロじゃないと無理という事情もあるのかもしれない。Djent要素はちょっと控え目だけどシンフォニックなアレンジも入ってなかなかにドラマチックな展開あります。

実はここで紹介した曲は全てサウンドクラウドでフル公開されてるんで、M3で入手してない方も是非とも聞いて頂きたいですね。
今後の進化がとても楽しみなサークルです。これだけ有望なサークルが揃ってくるとオリジナル同人メタルのラウドロック層、Djent層が厚みを増してきたことを強く実感できますよね。
スポンサーサイト
プロフィール

同人音楽初心者

Author:同人音楽初心者

メタル系とプログレ要素のある同人音楽を中心に扱います。
ゴシック系やサンホラ系の比重は少なめです。

Information

↓当ブログ的に超絶おすすめなサークル2選!!!
必聴です!!!!!

http://lostmyproust.jimdo.com/

https://tomorro4.bandcamp.com/

↓その他のおすすめサークルはこちらにまとめてあります
http://adtoe.blog.fc2.com/blog-category-75.html

最新記事
カテゴリ
Imy (1)
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QLOOKアクセス解析