Carbonic Acid「エアーパッキンガール」

http://tansanca.futene.net/

えーとですね、先日の夏コミでも新作を出したこのサークルなんですが、この記事で扱うのは残念ながら新作のほうではありません。昨年の冬コミで出た旧作のほうです。はい恒例の今更記事でございます。
そもそもオリジナル1st「カウントダウン」の方もまだ記事を書いてなかったんで…そちらもそのうち書くつもりですが。

このCarbonic Acidについては、元々は東方アレンジサークルで、長めの休止期間を経て昨年春に復活してからはオリジナル路線に移行、Unlucky Morpheusとの関連性は深くて姉妹サークル的な位置付け? たぶんそんな感じですよね。リアルタイムで追ってた訳じゃないんで詳しくないんですが。まあうちなんかがわざわざ説明する必要ないくらい東方メタル界隈の中核に近いポジションに居る存在ですよね。

その初のオリジナル作品となる「カウントダウン」のほうでは同人メタル界はおろかジャパメタ全体でも屈指の力量を誇る最強ボーカリストFukiさんをフィーチャーしたことで話題性の強い作品だった訳ですが、この作品では「絵恋ちゃん」なるアイドルをボーカルに起用することにより一転してアイドルメタル路線に移行しております。
ボーカルについては、Fukiさんが比較対象になる時点で分が悪いにも程があるんで、まあ落差が凄まじいのは仕方がないかな…。バックの演奏クオリティはもちろん変わらないんですけど全体としては別ジャンルとして捉えるのが吉でしょうね。
まあ、アイドルメタルというジャンルそのものを否定する人間がわざわざ同人メタルを聞いてるなんて考えづらいですしその辺りに文句が出ることはなさそうですけども。
そして、夏コミ新作でも同じく絵恋ちゃんさんを起用してたんでおそらくこのアイドルメタル路線は一時的なものではなく、今後もこの路線で続けていくつもりなのでしょうね。

しかしながら改めてアイドルメタルと同人メタルの違いって何なんでしょうね…。ビジュアル面を除いて音源にのみ限定すれば、女の子が複数で合唱してるか単体で歌ってるかの違いくらいしかないんじゃないでしょうかね(この作品はアイドルが単体で歌ってるんですけども)。良い意味で「素人っぽい」可愛さを売りとした女性ボーカルが激しいメタルサウンドに乗ってキャッチーなメロを歌い上げるという点ではアイドルメタルも同人メタルもほとんど差異は無さそうですよね。
前々から思っているのですけども、BABYMETALのワールドワイドな超絶人気に同人メタルもあやかる…って言ったら語弊ありますけど、そっち系のリスナーにも同人メタルに少しでも興味持ってもらえたらいいのになぁと常々思っていた訳ですよ。いわゆる楽曲派と呼ばれるリスナーならばアイドルメタルから地続きで同人メタルも違和感なく聞いてもらえるような気がするので。
そういう意味でこのCarbonic Acidのアイドルメタル路線は2つのジャンルの橋渡しになり得るし、今後の同人メタルにとってけっこう重要な役割を果たしそうな感じもありますよね。

そんな訳でアイドルメタル路線自体は意義深いことだと思うんですけど…でもこの絵恋ちゃんさんの歌声はぶっちゃけあんまり好きじゃないかも…。別に下手って訳じゃないんですけどね。声質がちょっとクドいかなぁ。まあそれは個人的な意見であって、他の同人メタラー諸氏はあんま気にならないかもしれないけど。みんな二次元三次元問わずアイドルソング聞きまくってると思うし。

ボーカルがアイドルに変わっただけでなく、音楽性も「カウントダウン」からけっこう変化を遂げていますね。「カウントダウン」ではFukiさんの歌唱を前提にしていたのか、Unlucky MorpheusとLIGHT BRINGERを足して割ったようなメロディックパワーメタル路線だったのですが、しかしこの作品においては、パワーメタル要素も残ってはいるのですがそれにハードコアやエモスクリーモ系の要素が加わっていてハイブリッド感あるサウンドになっています。元々のCarbonic Acidの作風をよく知らないんですが、こっちの路線のほうが「らしい」感じなのかな?
しかしクレジット見ると、驚くべきことに今作は中心人物の仁耶さん作の楽曲より紫煉さん作のほうが多いんですよね。作風はあんきもから離れたのにクレジット的にはあんきも度が高まってる不思議。
あと、「カウントダウン」はドラムは打ち込み音源だったっぽいですが今作はICDD等でもお馴染みの修平さんが担当していて、全体的にバンド感も強化されてるように感じます。

1曲目はシンセを交えたラウドロック系のイントロ、2曲目「リンゴの殺し屋」はうねるようなグルーヴのパワーメタル系リフがインパクト大です。この曲はHR/HM度が高いですが、Bメロとかミクスチャー感ありますしやはり前作とは違う。サビとかめっちゃ典型的メロスピ展開ですが、このサークルは元々がアレンジサークルだったこともあり既存曲のオマージュとか意識的に入れてる感じもありそうかな。この曲のギターソロは紫煉さん弾いてるみたいですね、さすがの超絶技巧。言うまでもなく同人レベルじゃねえっす。

3曲目「地獄ロジャー」、メインリフはHR/HMっぽいノリですが、サビは明らかにエモスクリーモ系ですね。やはりドラムが生ということもありバンドサウンドが引き締まってて厚みありますね。

4曲目はタイトル曲「エアーパッキンガール」、これ紫煉さん作みたいだけど…めちゃくちゃキャッチーですよねえ、メロスピだけじゃなくこんな超ポップな曲も書けるのかぁ…すげえなぁ。タイトル曲ということもあってか今作で最も印象に残る歌メロですね。

5曲目「ブルータルアバンギャルドプログレッシブエクストリームテクニカルポストデスメタル」…長えよっ!! しかし大袈裟なタイトルとは裏腹にその実態はたった6秒しかない「You Suffer」系のネタ音源。きっとサブジャンルが増殖しすぎなメタルへの批判がこもってるんでしょう(たぶん違う)

6曲目「ミドマデゴジシュー~愛の約束~」、出だしのカオティックコア風フレーズがインパクト強すぎてそのイメージに引っ張られがちですが、よくよく聞くとそこまでカオティックでもないかな。サビとか普通にパワーメタル疾走だし。というかこれも紫煉さん作なのか。芸風広いなぁ…。

7曲目「君が展覧会を開いても」、これはメタル要素ほとんど無く、爽やか青春風味のエモエモしいギターが印象的なんですが、これも紫煉さん作なのかよ…芸風広い…(2度目)。歌メロも非常にキャッチーでツボ心得てる感じですな。

夏コミ新作の「カマキリミイラ」は買ってないんですけど(そもそも夏コミ行けてないし)、パワーメタル要素はさらに減って、代わりにDjent要素が入ってたりするみたいですね。
次なるアルバムもフィーチャリング絵恋ちゃんさんなんだろうかやっぱり。
スポンサーサイト
プロフィール

同人音楽初心者

Author:同人音楽初心者

メタル系とプログレ要素のある同人音楽を中心に扱います。
ゴシック系やサンホラ系の比重は少なめです。

Information

↓当ブログ的に超絶おすすめなサークル2選!!!
必聴です!!!!!

http://lostmyproust.jimdo.com/

https://tomorro4.bandcamp.com/

↓その他のおすすめサークルはこちらにまとめてあります
http://adtoe.blog.fc2.com/blog-category-75.html

最新記事
カテゴリ
VA (1)
Imy (1)
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QLOOKアクセス解析