鬱P feat. 赤飯「IDOLATRY」

http://www.nicovideo.jp/watch/sm26873416

夏コミの赤飯さんの新譜…欲しかったんですけどね…。諸事情により行けなかったものですから次の機会に買うことにします…。
で、今回紹介するのは新作ではなく1年前の夏コミでリリースされた鬱Pと赤飯さんのコラボ作品でございます。

まあ自分もボカロ系には疎いものですから鬱Pの作品もベスト盤?的な「悪巫山戯」ってアルバムしか聞いたことないんですけどね。
例によってそんなニワカの自分がわざわざ説明する必要なさそうですが、ラウド系の攻撃的なサウンドと歌謡曲的な親しみやすいメロディと厨二な歌詞が売りの、言わずと知れまくった有名ボカロPですよね。
歌い手とのコラボは赤飯さんとしかやってないのかな? でこれが赤飯さんコラボの2枚目って訳ですね。

内容について語る前に、この作品は紹介動画が面白いんですよね。
キリンの被り物をかぶった鬱P本人が説明会然としたプレゼンをするというコンセプトの動画なんですが、作品の世界観をイラスト等を使って表現する紹介動画が多い中で、こういった理屈で押すタイプの動画ってのは珍しいと思いますしそれだけでも興味を惹きますよね。
そのプレゼンで語られる「カレーうどん理論」、興味深いですね。同人メタルのみならずオタク界隈における激しい系の音楽に共通するテーマとも言える「キャッチーさ」と「激しさ」の違和感なき融合。単純にキャッチーなメロディと激しいバンドサウンドをくっ付けるだけでは不完全であり、その2つの要素の接合にはカレーうどんにおける「和風だし」に相当する要素が必要であるとの主張なんですが、なるほど納得させられます。作品の世界観ももちろん重要なんですけど、こういった理論的なもの(専門的な音楽理論ではないけど)を表立って動画にしてくれるのってなかなか面白い試みですよね。
あとは、すでに上書きされてしまって見れないんですが特設サイトのほうに、予約特典とかそんなのは同人でやるな、メジャーでやれ!という文が添えられていたのもインパクトありましたな。他の有名サークルとは一味違うものを感じましたよ。

一方の赤飯さんのほうも、かつての売りであった「七色の歌声」を封印してひたすら熱い歌声で押しまくる作風はこの作品あたりから始まったのかな? 赤飯さんソロ名義の感想記事のほうでも書きましたが、もはや七色の声の歌い手というイメージには留まらず、メタル系(ラウド系)シンガーとして捉えるべきだし同人メタラーも大いに注目すべき存在だと思う訳ですよ。歌い手に対する偏見等で聞かないのは絶対に損してると思う。

さてこの赤飯さんフィーチャリング2作目の「IDOLATRY」ですが、フィーチャリング1作目の「PSYCHODRAMA」とはだいぶ作風変わってますよね。4年の月日を経たことで単純にクオリティ上がってるのは当然ながらあるんですが、「PSYCHODRAMA」のほうがラウド系でありながらもメタルっぽさやV系っぽさが目立っていたのに対し、今作のほうはよりハードコア寄りになってる気がします。あと歌謡曲メロディが増量してるのも特徴的。

1曲目「ぬりかべ」、1分半にも満たない小曲なのでイントロ曲かと思いきや…なんとサビメロまでしっかり完備したボーカル曲。しかも疾走感もあるしがっつり盛り上がるメロディ展開で1曲目に相応しい勢いも備えてるんですよ。なのに何故1分半しかないのか。コラボ1作目の「理想郷へおいでませ」も1分半だったけど…でも向こうはサビメロ無いからなぁ、こっちのほうが「勿体ない感」は確実に上回ってる。

2曲目「食事」、演奏はハードコア系だけど疾走感やメロディ展開は割とメタル寄りなノリかもしれない。赤飯さんの熱唱は言うまでもなく強烈。ちょっとホイホイホイホイ合いの手がうるさい気もするけどまあライブ前提の曲なんでしょうな。
食事を「生を喰らい」「命を喰らい」とあえて表現するこの厨二的発想。まあ1作目のほうがもっと厨二感きつかったから(特に「暗い遊園地」とか)それと比べたら落ち着いた感はあるかもしれないけど、でも鬱Pさんあんな理詰めなプレゼン動画作るような人だし素で厨二してる人ではなさそうな気がしますけどね。

3曲目「ヒューマンエラー」、これは更に典型的なハードコアな音作りですね。激しさとキャッチーさを見事に両立した曲なのですが、そこにはプレゼンにもあった「和風だし」が隠し味のように効いているということなんでしょう。ラウドであってもそれがキャッチーさを妨げたり耳障りにならないような絶妙なバランスを音響的にも配慮している感ありますかね。もちろん疾走感もばっちりで全くテンション途切れません。

4曲目「ジャンクヒンズダンサー」、タイトル通りにダンサブルなEDM要素入りハードコア。いかにも現代風なラウドロックと言えそうですがサビではエモエモしくならず歌謡曲的なキャッチーさが際立ちます。絶妙なグルーヴ感を生み出す赤飯さんの卓越したボーカルパフォーマンスも特筆もの。

5曲目「テラーストーリーテラー」、これもグルーヴ感あるリフが印象的です。サビはやはりキャッチーなんですけど、でもアニソン系のキャッチーさとはちょっと違いますかね。前作ほどV系っぽさはないけど(もちろん赤飯さんの歌い方にも依るんだけど)ドロっとしたアダルティな歌謡曲的な雰囲気は強いですかね。

6曲目「偶像崇拝」、実質的タイトル曲ですかね。ラウド要素は抑えめになり代わりに歌謡曲度がさらに濃くなります。ナナナナ~ってバックコーラスは若干昭和臭も狙ってる? サビのメロディアスさ、ドラマチックさは作中でも最高ですね。感情込めまくりな赤飯さんの熱唱には心動かされます。

7曲目「看板娘の悪巫山戯」、これはボカロカバーですね。この曲だけお祭り系電波ソングみたいなノリでアルバムの流れから浮いてるかも。もちろん単体では良く出来た曲だと思うんですけど。ラップパートの掛け合いが2番で入れ替わるネタは面白いですよね。

8曲目「パンの唄」、めっちゃ軽いタイトルなのにも関わらず実際の曲調は歌謡曲極まったブルージーでアダルティな雰囲気に満ちていて歌詞も超シリアス。さすがにちょっと渋すぎて個人的にはあんま好きじゃないんだけども…。「ひょうめんちょ~りょ~く」ってやたら繰り返されるから曲名を「表面張力」だと勘違いしがち?

ラストの「おまけ」トラック、なぜかちょこっとだけ「見習いハーデス」の一部分が流れます。

前作と今作、どっちが良いかっていうとちょっと迷うところですかね…。音のクオリティは当然ながら今作のほうが向上してるんだけど、でも今作は歌謡曲的な濃厚さが際立っていて癖が強いんで、前作のほうが聞きやすさでは上回ってる気がする。というか前作収録の「再生」めっちゃ好きなんですけど今作はあれに匹敵するキラーチューンは無い気がするし。
まあどちらにもそれぞれの魅力があるってことですな。

いずれにせよ、赤飯さんの熱唱と鬱Pの絶品のラウドサウンド満載の作品であることに違いはないのでまだ聞いたことない同人メタラーがいたら是非ともチェックして頂きたいです。
スポンサーサイト

赤飯「FREE MOSH LICENSE」

http://ameblo.jp/sekihan-yoshie/entry-12110610121.html

ちょっと意外ですが、これが赤飯さんの同人でのソロ名義の初作品らしいです。
赤飯さんの歌声ほんとカッコイイですよねえ、オタク界隈のロックシンガーでは最高の歌声なんじゃないかと個人的には思ってるくらいなんですけども。こんな素晴らしいボーカリストを今まで聞かずにいたとか不覚すぎる…。

いちいち説明する必要なんてないほどの超有名な歌い手さんなんですが、そんな有名どころをちゃんと聞き始めたのが先日の冬コミからっていうんだから、そりゃもう超絶今更感あるとは自分でも思うんですけどね…。まあこのブログにおいては「今更」はデフォですけども。
しかしですよ、この件については単に「今更」なだけではなくて、実はメタラーが聞き始めるタイミングとしては絶妙だった気もするんですよね。
というのは、かつての赤飯さんって、女声を始めとした「七色の歌声」を売りにしたトリッキーなボーカリストで、基本的な歌声も女子ウケを考慮したかのようなナルシスティックなV系歌唱を軸にしていたことが過去作を聞いても伺えるんですけど、それが、今の赤飯さんの歌い方ってはっきり言って完全にメタルシンガーじゃないですか(厳密にはメタルというよりかラウド系という広い括りだけど)。

冬コミで頒布された2枚の新作を聞けばその傾向は明白で、両作品ともハスキーボイスによるストレートな熱唱とハードコアなシャウトを組み合わたボーカルスタイルが大半を占めてるし、やはり以前の作品とは明らかに変わっていますよね。加えて、その数ヶ月前の夏コミで頒布された鬱Pとのコラボ作品も当然ながらメタルなので流れはさらに決定的。
以前は、メタル「も」歌うボーカリストだったのが、今はメタル「を」歌うボーカリストになってるというか? その変化にどういう事情が絡んでるのかについては自分は超ニワカなんで全く知らないんですけど、ともあれ、今の赤飯さんがめっちゃメタラー向けなボーカリストであることは確かですよね。
こんだけカッコイイ歌声なのに、歌い手という肩書きが持つちょっと特殊なイメージに偏見を持って聞かずにいるのはやっぱり損をしていると思わずにいられませんよね。まあ自分がまさに歌い手に偏見を持ってた人間なんですけどね…。ニコ動界隈特有の近寄りがたい雰囲気ってありますからね…うん。

さてこのミニアルバムの具体的な内容ですが、公式ブログにもあるように、ライブで「暴れる」こと前提のMOSH必至なハイテンション楽曲ばかりが詰まっている作品です。インスト除くとカバー曲が2曲でオリジナルが3曲?

1曲目はこの手のラウド系では定番のEDM的な序曲。
2曲目「あれこれそれどれ ver.FML」はボカロPとコラボした曲の新バージョン? 「ハイヤイヤイヤ」って掛け声がちょっとニコ動臭?があって鼻に付くかもしれませんが、サビメロの展開がクッソ熱い。がむしゃらな熱唱がまじツボですわ。気取ったV系歌唱とは段違いの良さ。このハスキーな歌唱って、国内メタルボーカリストで例えるならやっぱり坂本英三さんに近い雰囲気ありますよね。坂本英三さんの歌声から昭和臭を抜き去ったような感じ(?)

3曲目「大河アッパーカット」、これも引き続きクッソ熱いラウド曲ですね。サビメロの後半のメロディがほんと良すぎる。やっぱりニコ動系アーティストだけあってあくまでキャッチーなメロディが基本にあるのがアニソン系メタラーとしては嬉しいところです。Bメロではマキシマムザホルモンを思わせるような金切り声も飛び出したり。サビ前にちょこっとだけ女声も登場しますね。ダジャレのような曲名で歌詞が気になって読んでみたらものっすごい支離滅裂だった。完全にノリだけの歌詞ってのも悪くないですけどね。

4曲目「さくらんぼ」はなんと大塚愛さんの曲のカバー。お得意の女声を駆使してアイドルソング風に歌い上げていますが、もちろんただのアイドルソングになるはずもなく、サビのラストで「さくらんボォォォォォォ!!!!!」と絶叫に繋げてハードコアな展開に突入。終盤で疾走するパートで女声の合間でギャーギャー喚き声が入るの面白すぎる。それにしても、改めてこの女声すごいですよねえ…。一般的なロックシンガーで女声が出せたとしてもネタ的な価値しかないかもしれないけど、やっぱりニコ動という場の特殊性によってこの「芸」が最大限に活かされた感じなんですかね、たぶん。

5曲目「Fight for your Right」は打って変わってヘヴィなグルーヴ感が特徴的な曲。この曲のうねるようなギターリフめっちゃカッコイイですよねえ。サビメロもキャッチーでエモくて熱い展開で素晴らしい。
6曲目「P.R.P」は四つ打ちでダンサブルな曲調ですが赤飯さんの歌声は緩くなったりせず熱いままなのが良いですね。

女声以外の「七色の歌声」はほぼ封印して、ひたすらハイテンションな熱い歌声で貫かれた素晴らしい内容だと思います。同人であえてこういう作風にするってことは、赤飯さんが本来やりたい音楽性ってのはやっぱりポップスでもV系でもなくラウド系であるってことなんでしょうね。
冬コミで同時頒布された歌い手のS!Nさんとのコラボユニットの新作のほうもラウドで熱い楽曲が中心で満足度の高い内容でした。夏コミの鬱Pとのコラボ新作のほうはまだ開封してないんですがそのうち記事も書きたいと思ってます。
プロフィール

同人音楽初心者

Author:同人音楽初心者

メタル系とプログレ要素のある同人音楽を中心に扱います。
ゴシック系やサンホラ系の比重は少なめです。

Information

↓当ブログ的に超絶おすすめなサークル2選!!!
必聴です!!!!!

http://lostmyproust.jimdo.com/

https://tomorro4.bandcamp.com/

↓その他のおすすめサークルはこちらにまとめてあります
http://adtoe.blog.fc2.com/blog-category-75.html

最新記事
カテゴリ
VA (1)
Imy (1)
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QLOOKアクセス解析