Answer to the MOMONGA「Pre-peregnatio」

2017-06-02_011126.jpg

https://answertothemomonga.tumblr.com/
女性ボーカルをフィーチャーしたオルタナ/ポストロック/マスロック系サークル「アンサツモモンガ」の無料配布作品です。無料とはいえ5曲も入ってるんで聞き応えは抜群ですよ。

本当ならば先日のM3でフルアルバムがリリースされるはずだったようですが、残念ながら制作が間に合わずに延期になってしまいました。で、その代わりに先行シングルならぬ先行EPとして今作が無料配布された訳ですね。

ていうかタイトルに「Pre」って付くのこれで3度目? さすがプリキュア好きなサークルと言うべきなのか…。まあそれだけ準備期間すなわち「溜め」が長かっただけあってフルアルバムは渾身の出来になると思われますし、今回のプレビュー盤でもその片鱗はしっかりと感じ取れます。

1曲目「Peregnatio」、2nd EPにもメタルコアの真似事っぽい小曲があったけど今回はDjent「っぽい」インスト。あくまで「っぽい」感じであってDjentとして聞いたら違和感ありまくりだとは思いますが…まあ基本的にオルタナ/ポストロック系の音作りを主としてるサークルですからね。チャレンジ精神及び試行錯誤が表れてる曲とも言えるか。
やっぱりアンサツモモンガはクリーントーン主体のほうが合ってる気がするけど…でも「Who Killed AnsatsuMomonga?」はこのサークルの最高傑作だと思うんであの感じはまたやって欲しい気もする。

2曲目「無機質な投影」はこのサークルの確かな進歩が形になっている今回のハイライト曲でしょう。ファンキーに細かく刻まれるリズムギターとグルーヴィーなベースラインがインパクト大。演奏面での進歩がしっかり感じられる。テクニカルでありながらもマスロック的な変態性が鼻に付かず大衆性もアピールする出来栄えだと思います。
そして演奏面のみならず、かゆさんのボーカルも大きく進歩を遂げてるのが重要ポイント。近作の「Pre」シリーズではインスト曲やボカロ曲ばっかりでかゆさんボーカルはご無沙汰だった訳ですが、どうやらその間にしっかりボーカルスキルも磨いておられたようですね。2nd EPの頃は歌唱に不安定感も見受けられましたが今作のボーカル曲では見違えるほどに力強い歌唱を披露してます。「歌モノ」としての完成度が以前とは段違い。元々から声質には光るものを持っていらしたと思うしこの進歩は大いに歓迎すべきものだと思います。もちろん歌い上げるメロディ自体も優れた出来。

3曲目「Catoblepas」は以前収録されていたボカロによるdemo曲をかゆさんボーカルに差し替えたバージョンでしょうか。やはりかゆさんボーカルになったことで明らかに楽曲の説得力が増してる。シューゲイザー的な浮遊感とうねるベースラインが魅力的な1曲。

4曲目「無い物ねだり」においてもかゆさんのボーカルが輝いてます。ほんと良い曲ですよ。この曲ではテクニカルな要素は控え目ですがその分メロディの良さが際立ってる。リラックスしたムードのサブカルオシャレポップスといった感じ。これはアンサツモモンガ史上で最も一般向けな作風で歌モノとしての完成度も高いので是非とも多くの人に聞いて欲しいですね。

5曲目「Endroll in the Bedroom」…タイトルからしてフルアルバムのエンディング曲かな? これはボカロによるdemoバージョンですがフルアルバムではかゆさん歌唱バージョンになるのでしょう。ポストロック的な穏やかな雰囲気とシューゲイザー的な浮遊感、そしてキラキラしたシンセの音色がエンディングに相応しい心地良い空気を生み出してますね。

このアンサツモモンガはジャケのアートワークのセンスの良さも魅力の1つでして、今回は無料配布ということで簡素なデザインなんですがそれでも十分にセンスの良さを感じさせる。メンバーがデザインも担当してるのって改めて強みですよねえ。デザインを外部に依頼してるサークルだとアートワークのイメージがちぐはぐなこともあったりしますからね。

そんな訳で、フルアルバムへの期待が高まるプレビュー盤となっております。
きっと秋M3では満を持してフルアルバムが発売されると思いますので是非チェックして頂きたいですね。ポストロック、マスロック系が好きなリスナーは勿論のこと、普通に女性ボーカルのロックが好きなリスナー全般におすすめしたい。
スポンサーサイト

Answer to the MOMONGA「Preparation!#2」

2017-01-11_012156.jpg

https://answertothemomonga.tumblr.com/

春M3にてフルアルバムをリリース予定…だったけど残念ながら延期になってしまった、オルタナ/マスロック系サークル、アンサツモモンガの昨年秋の新作です。だいぶ遅くなってしまいましたが感想上げておこうかと思います。

昨年春の「Preparation!」に続いて今作は「#2」ってことで…タイトル通りフルアルバムへ向けた伏線的な内容であると思われ。要するに「繋ぎ」の作品なんでボリュームは少ないですが、作品を重ねる毎に少しづつですが着実に進歩しているのを感じ取れるのは嬉しいですね。

1曲目の序曲を経て2曲目「回想と懐疑」、基本的に前作の延長線上のマスロック的なインスト曲なんですが、今回はピアノの音を効果的に使うことによって洗練さが増したように感じます。サブカル的な「オシャレ」感も獲得してる。曲が進むにつれて楽器の数が増えていって賑やかになっていく展開が良いですよねえ。ポリリズムを駆使した複雑な曲調ながらもキャッチーさをしっかり保っているのが素晴らしい。
ベースラインを始めとしたバッキングはほんと洗練されたと思うんだけど歪んだギターについてはまだガチャガチャした不安定な印象は残ってますね。でも2nd EPに比べたら見違えるほど進歩してる。テクニカルな音楽やりたいけど技量が追いついてないって感じがだいぶ薄れたと思う。っていうかマスロック系って機械的な印象が強い音楽だから多少ガチャガチャしてるのも人間味あって良いと思うんですけどね。

3曲目「Catoblepas(demo)」、demoって付いてるのは歌がボカロだからなんでしょう。きっとフルアルバムにはかゆさんの歌ったバージョンが入るに違いない。ボカロにはシューゲイザー的な空間的なエフェクトがかかっていて全体的に浮遊感ある曲調。こっちは2曲目ほどの複雑さはないけどベースのうねるようなフレーズが聞き所になってます。シューゲイザー+マスロックな感じかな。

4曲目「バッドエンドシンドローム(demo)」、これはバンドサウンド無しのチップチューン曲。でもdemo扱いになってるからきっとフルアルバムにギターで演奏したバージョン入るんでしょうね。これもカッコいい曲になりそうな予感。

そして今回もジャケのアートワークはインパクトありますね。2曲目のタイトル「回想と懐疑」をデザイン文字化したシンプルなアートワーク…なんか現代美術の展覧会の広告かなんかでありそうな感じ。ジャケがサークルの魅力の一部としてしっかり機能してるのはやはり強みですよねえ。

2回のPreparationで積み上げられた進歩がきっとフルアルバムで結実すると思われますし、今までこのサークルを知らなかった人もまじで要チェックだと思いますよ。春には残念ながら間に合わないみたいですがおそらく今年中には出ると思いますし。Preparationは2作ともインスト中心でしたが、フルアルバムではボーカル曲もあると思うんでテクニカル系音楽に興味ない方にもおすすめしたい。もちろんマスロックやDjentなどが好きなリスナーならば尚更マスト。

Answer to the MOMONGA「Preparation!」

http://answertothemomonga.tumblr.com/

オルタナ/ポストロック/マスロック系サークル「アンサツモモンガ」の最新作です。
「Preparation!」というタイトルから察するに、おそらく今回の新作は次回作へ向けての準備的な位置付けの作品だと思われますし、内容もボーカル曲が無くインストオンリーで曲数もいつもより少ない3曲入りとなっていますが、でも物足りない内容なのかというとそんなことは全くなくて、むしろ前作から着実に進歩を遂げた音楽性を聞ける充実作になってますよ。

前作「HypnoPhobiaPhobia e.p.」は、同人音楽的に例えると岸田教団辺りを彷彿とさせる女性ボーカルによる歌メロと雰囲気にマスロック的なテクニカルなアンサンブルを組み合わせるという、とても独特な音楽性を提示してみせた意欲作だったと思うのですが、ただ、マスロック的な高度なフレーズを弾きこなせていない場面も散見されクオリティ面ではいまいちという印象は拭えませんでした。
しかし今回の新作は、前作のマスロック路線を踏襲しつつも演奏の安定感が確実に向上しているのが感じられますね。前作でのバタバタした拙い感じがだいぶ払拭されましたよね。演奏面だけでなく楽曲の構成もより洗練されたように感じられますし、半年で予想以上に進歩したなぁという印象です。

インスト曲オンリーな内容なんですが、そもそもポストロック系バンドってインストバンドが多いからその点はほとんど物足りなさ感じないですね。むしろインストのほうが「それっぽい」感じになってるというか。
かと言ってこのままインストサークルになってしまうのは勿体ないかな。やっぱり同人音楽というフィールドで活動するんならボーカル入ってたほうが良いと思うし。マスロックとアニソン系の歌メロを合わせることで得られる独自性も大きいと思うんで。

1曲目「atri」、これは変拍子は入ってると思うけどそれほど複雑な印象はないし普通にキャッチーなポストロックという感じですかね。メロディも分かりやすいし、これは普通にボーカル入れて良さそうな曲ですな。

2曲目「焔立つ(demo)」、demoと書かれてはいますが十分に完成度は高い曲だと思います。キャッチーな1曲目とは打って変わって、変拍子やポリリズムを駆使した複雑さを印象付ける楽曲になってます。全体的にシリアスでダークな雰囲気が充満してるし割とプログレメタル寄りな趣きもあるでしょうか。ドラムとベースだけのシンプルな出だしから始まって少しづつ楽器が加わっていき盛り上がっていく構成が見事。

3曲目「カメラオブスキュラ」、これは再び明るくキャッチーな曲調になりますが、イントロからいきなり難易度の高そうなマスロック的フレーズで攻めてきますね。前作の同系統の曲と比べると演奏力が上がっているのが一聴瞭然だしインパクトも抜群です。3分未満の短い尺ながらも楽曲展開はドラマチックで非常に聞き応えある曲になってると思います。特にラスト近くの展開は圧巻。

4曲目と5曲目はボーナストラック的な枠で、1曲目と3曲目のチップチューンバージョンが収録されているんですが、これがまた本編バージョンとは一味違った面白さがあって楽しい音になってますね。

今回のクオリティで次回作のミニアルバムが作られるのならばかなり期待できると思いますね。おそらくあと半年あれば更なるクオリティアップも望めると思いますし、マスロック系が好きな方やロック調の女性ボーカル曲が好きな方はもちろんのこと、クオリティ不足を理由に様子見してたリスナーさんが居たとしたら次回作は確実に買いだと思いますよ。

あとジャケのアートワークですね。前作も良かったけど今回も相変わらずスタイリッシュで素晴らしいですね。やっぱりセンスあるなぁと。
全くの偶然だと思うんですがプログレ界隈で話題のHakenの新譜のジャケと似てるのも面白いと思ったり。発売日が近すぎるし因果関係は全く無いと思うんですがこういう偶然って面白いですな。

Answer to the MOMONGA「HypnophobiaPhobia E.P.」



http://answertothemomonga.tumblr.com/

このサークルは春M3が初参加なので「準」新規サークルと言ったところでしょうか。デビュー作である前作は買わなかったんですが今回の新作は個人的に気になる方向性になっていたので購入に至った次第です。
このサークル、春M3で7曲入りミニアルバム出したばかりなのに今回も同じく7曲入りのボリュームで、しかも来年春にはプリキュアオンリーとM3で両方新作を出す予定らしい…? 恐ろしくモチベーション高いですなぁ。ちょっと初っ端から突っ走りすぎなんじゃないかと心配になるほど。

サークル名は、Answer to the MOMONGAと書いて「アンサツモモンガ」と読ませるんですかね。意味はさっぱり分からないですが非常にユニークでインパクトあるネーミングですよね。
そしてジャケットイラストのセンスも際立っています。アートワークは女性ボーカルさんが全て手掛けているようですが、前作も今作も共に素敵な見栄えだと思いますね。オタク要素はあまり無いけどアーティスティックな雰囲気あってジャケ買いもアリと思えるほどです。

で、肝心の音楽はというと…これはまだまだ荒削りであると言わざるを得ないか。
前作は試聴を聞いた限りでは、同人音楽でいえば岸田教団あたりを思わせるオルタナティブ系、パンク系の荒々しさがある女性ボーカルのアニソン系ロックって趣きだったんですが、今作では音楽性がバラエティに富んでおり、テクニカルなマスロック系フレーズが目立っているのが特色でしょうか。
音楽性の幅が広がったのは良いことなんですが、しかし演奏技術やサウンド面がまだまだ未熟なのにも関わらずテクニカルで高度な作風に挑んでいるため、全体的にかなりゴチャゴチャしていて、正直、やりたい事に技術が追いついていないという印象が強くなってしまってます。万人におすすめ出来る内容とは言い難いですね。

でも、むしろそれが良いんですよ。
個人的には同人音楽って、完成度は二の次で構わないと思ってるんで。聞き手の需要とか関係なく、作り手のやりたいことが詰まっていればそれだけで価値があるんじゃないかと。
もちろん、「やりたい事」を表現するために最低限の技術ってのは必要だとは思うんですけど、でも技術は作品を重ねるうちに後から付いてくるものだと思うんであんまり重視しなくてもいいんじゃないかなぁとか思う訳で。まあ、作品を重ねてもちっとも進化しないサークルだとちょっと停滞感あってアレなんですけどね…(小声)。
で、この作品の場合は作り手のやりたいこと、そしてモチベーションの高さがしっかり伝わってくるし、多少無茶して技術と不釣り合いなフレーズが多用されてても許容範囲だと思えるんで、十分に好感を持てる作品だと思います。

まず1曲目、1分しかない短い曲なんですが曲調に不似合いなデスボイスも登場したりしていきなりのカオス感です。
2曲目は特に奇をてらった部分のないストレートなロック調。女性ボーカルによる歌メロはニコ動界隈からの影響感じさせるかな?

3曲目はマスロック感が漂うテクニカルなギターフレーズが満載の刺激的な楽曲です。はっきり言って演奏技術的に少し無理してる感じ否めないんですが、だがその一杯一杯な感じが良い(?)。フレーズ自体はとてもカッコ良いので、技術的な部分さえ追いつけば最高の曲になりそうだし今後への期待感はありますね。歌メロは非常にキャッチー。

4曲目は打って変わってスローでノイジーなシューゲイザー調の曲になりバラエティ感を持たせてますね。
5曲目はアコースティックギターによるインスト曲で、まるでリゾート地のBGMのような南国的な雰囲気の1曲です。アコースティックな音色がとても心地良い。作中の気分転換に一役買ってます。

6曲目は再びマスロック調になりますが、中盤の間奏でのテレレッテレレッってところがプログレ感あって好きなんだよなぁ。あとベースラインもカッコ良い。

7曲目はボカロバージョンが事前にフル公開されていましたが、やはりこの曲が今作のハイライトでしょうな。自分もこの曲を聞いて購入を決めた感じなので。メタルコアを意識してそうなバスドラ連打によるテクニカルで重厚なリフが特に破壊力ありますよねえ。これはDjent系とか好きなリスナーも気に入るかもしれない? サビメロも非常にドラマチックですし、この曲についてはかなり完成度高いですよ。このサークルの可能性を最も感じさせる1曲でしょうか。
冒頭のサウンドクラウドもクロスフェードではなくこの曲のフルバージョン(ボカロ)貼っておきましたんで是非聞いて頂きたいですね。

まだまだ発展途上のサークルという感じですが「攻め」の姿勢が好印象ですし今後が楽しみですね。次回作も期待したいです。
プロフィール

同人音楽初心者

Author:同人音楽初心者

メタル系とプログレ要素のある同人音楽を中心に扱います。
ゴシック系やサンホラ系の比重は少なめです。

Information

↓当ブログ的に超絶おすすめなサークル2選!!!
必聴です!!!!!

http://lostmyproust.jimdo.com/

https://tomorro4.bandcamp.com/

↓その他のおすすめサークルはこちらにまとめてあります
http://adtoe.blog.fc2.com/blog-category-75.html

最新記事
カテゴリ
Imy (1)
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QLOOKアクセス解析