shaky ART's「NATURAL BORN BITCH FES.」

NATURAL BORN BITCH FES

ここもずいぶん後回しにしてしまいましたが、その理由は悶絶メタルさんで高評価(昨今のオリジナル同人音楽勢では最高級の評価かも?)が続いてたから安心して放置してたってのもあるんですけど、それ以上に毎回ド安定すぎて外す心配がないからってのもありますよね。「今回の出来はどうかな?」って期待半分不安半分なサークルだったら早めに開封しますけどこのshaky ART'sは全く不安ないですからね。

その安定感の源はやはりますます冴え渡るあべさんの変幻自在なボーカルでしょうか。もちろん前回に引き続きサウンド面を支えるやんねさんの貢献も非常に大きいと思うのですが、やっぱりあべさんの変態ボイスとエモいクリーンボイスを見事に使い分けるボーカルこそが主役であると思いますし、サウンド面が変化してもそれは変わらないと思います。
それにしても、これだけの実力を持ったボーカリストが東方をやらずにオリジナルだけで活動してるってのが改めて凄いというか、同人音楽の流れの変化を示してるのかなぁとも思ったりします。個性という面でも申し分ないですし、オリジナル同人メタルの行く末の鍵を握るサークルの1つでしょう。

今回はまたジャケが美少女イラストに戻りましたね。またしても素晴らしいジャケ詐欺っぷり。めっちゃ可愛らしい感じの絵柄なんですけど、タイトル見れば分かる通りこの娘達はBITCHなんだそうで…まあでも可愛ければいいんじゃないですかね。同人音楽のジャケなんてそんなもんでしょう(?)

そして内容的にも今回は分かりやすさが全体的に増していて、実はshaky ART's入門用にも最適な1枚になってる気がします。
1曲目とかキラキラしたトランス系シンセ多用によってキャッチーな印象が強いですし(歌詞はアレですけどね)、2曲目はいつものようにSystem of a Down風味の変態ボイスが乱舞するカオス曲なんですが、歌詞の「じゃがりこポリポリ」連呼のおかげで電波ソング的な親しみやすさを演出してますし、この手の音楽を普段聞かない層でも興味を持ちやすいかもしれない? 収録曲は2曲だけしかないとはいえ、2曲ともshaky ART'sのリスナー層をより拡大できそうな間口の広い楽曲だと感じますね。
ポップス畑のやんねさんの持つキャッチーさと、あべさんの持ち味であるカオティックさが上手く組み合わさった作品と言えるかもしれない。前作よりも今作のほうがお互いの得意分野を活かせてる感じあって個人的には今回のほうが好きかなぁ。

そして秋にはいよいよフルアルバムを発表するとのことですが、どうやらやんねさんも続投みたいですね。メンバー流動的だったshaky ART'sもようやく落ち着いたのかな、このお二人のコンビは安定感あると思いますし今後もこのまま続けて欲しい気がします。
なおフルアルバムはどうやらリメイクが中心の作品になるらしく、初期の楽曲を現在のクオリティで録り直して収録するようです。初期の楽曲は何気に名曲多いですからねえ、メロディ面ではむしろ最近の曲より初期曲のほうが良いですよね、特に3rdの「Fireworks of Winter」とかメロディアスすぎて最強。あと壮大でプログレ感ある1stの3曲目とかね、あの辺りの曲をリメイクしてくれるというのなら個人的にも歓迎ですね。期待して秋を待ちましょう。
スポンサーサイト

JORMUNGAND「JORMUNGAND」

JORMUNGANDジャケ

これは昨年の夏コミの「新譜」…。さすがに1年前の作品を新譜扱いするのは厳しいですが…。
というかこのサークル、名前は違うとはいえ5150という誰もが知ってるサークルの別名義ですから、これだけタイミング遅れてるのにわざわざ取り上げる必要あるのかと疑問を持ちつつもせっかく聞いたのでいちおう書いておきます。

このCD、帯の裏に紹介文が丁寧に記されていて、「5150の代表、龍5150が率いるバンド」「ハイトーンが多用される」「シンフォニックである」「EDM要素がある」「テクニカルである」「スピードメタル」…等々。はっきり言ってこれレビューとか全く必要ないですよね。全部ここに書いてありますもん。圧倒的親切感。
新規サークルでもこれくらい丁寧に音楽的な特徴を列挙してくれてたら助かりますよねえ。まあうちらは事前にがっつりサークルチェック済ませてますけど、事前のチェックほとんど出来てないリスナーも多い訳で、そういう層向けに分かりやすいアピールは有効だと思いますし。

このJORMUNGANDは完全バンド形式みたいだから5150とは明確に区別されてるんだろうけど、でも実質的に5150の別名義だと考えて構わないですよね。曲も全て5150さんが手がけていて、ボーカルもお馴染みのみーやさんなので。

5150といえば、東方メタル系サークルの中では数少ないオリジナルとの両立を成功させてるサークルっていうイメージだったりするんですが…もちろん他にもオリジナルやってる東方サークルいるんですけど、必ずしもアレンジ作品に匹敵する内容をオリジナルで作れていない気がしますし。
その点で5150は、四季楽典シリーズを始めとして非常にクオリティの高いオリジナル作品を生み出していますし、高い演奏技術とアレンジ能力と共に優れたメロディセンスもしっかり備わっている稀有なアレンジ系サークルだと言えるのではないでしょうか。

そしてこの新名義JORMUNGANDでもそのメロディセンスは遺憾なく発揮されていて、完成度の高いキャッチーなメロディで満載なアルバムになっています。捨て曲なしでどの曲も耳に残るメロディばかりです。ただ、ちょっと四季楽典の収録曲に似通ったメロディが多いので新鮮味という点では微妙かもしれないけど…まあそれは仕方ないか。
このJORMUNGANDはバンド形式であるということを意識してなのか、四季楽典みたいなバラエティ感は控え目で、一貫した「ロックバンド」的な雰囲気を演出してる感じですね。ボーカルも基本みーやさん1人で、5150さんはバックコーラスに徹してる感じですし。いつも通りのメロスピ、クサメタル的な曲調も勿論あるんだけど基本は普遍的な歌謡ロックサウンドを目指してる感じか。

帯に「テクニカル」と書かれているようにどのメンバーの演奏も達者ですし、割とFukiさんに似てる声質のみーやさんが歌ってることもあって曲によってはLIGHT BRINGER感も多少あるかもしれないですね。もうちょっとベースとドラムのミックスが大きかったら更にテクニカル感あったかも。…やはり個人的にはどうしてもそっち系の音を期待してしまうんですよねえ。
あと、間奏でサンホラ…というかリンホラっぽいフレーズが時折出てくるのが面白いですよね。サンホラから影響受けてる同人音楽サークルなんて山ほどいる訳ですけど、サンホラのメタル的、プログレ的な側面から影響受けてるのって珍しいと思うんですよ。7曲目で「地平線」って歌詞が出てきてちょっとニヤリとしたり。いや全く関係ないかもしれないけど…。

そんな感じで安定感抜群の作品になってますし、今後もアレンジ系サークルのオリジナル進出の道標となる存在として更なる活躍を期待したいですね。夏コミで新作出るのかな?

Siltone「幻影のKilcmylo」

幻影のKilcmylo

えーと、これは昨年の秋M3の「新譜」ですね…。またしても時間経ちすぎ。お気付きかと思いますがこれから夏コミまでの期間はギリギリで「新譜」な作品を中心に取り上げて参りますのでよろしくお願いします(?)

このサークルの場合は悶絶メタルさんで高評価されてたからそれで満足しちゃって後回しにした感じなんですが、まあ悶絶メタルさんも最近では同人音楽へのNein具合が更に加速してますし今後も高評価が継続されるかは怪しいところだと思いますが…。それどころか(有名サークル以外の)同人音楽のレビュー自体が廃止になりそうな気もする…。まあ否定的に評価されるくらいならレビューされない方がマシか…(本音)。

その話題は置いといて、このSiltone、とにかく高評価されていただけあって素晴らしいサークルなんですよ、はい。個人的にも同人ゴシックでは一二を争うくらい好きなサークルですかね。ちなみに一位は…Hollow Mellowかな? Ariabl'eyeSは…ゴシック系ではない気がする。けっこう明るめだし。まあ順位とかどうでも良いんですけども。

このサークルの音楽性、基本的にシンフォニックメタルと呼べる方向性で、もちろん同人ゴシック的な雰囲気も濃いんですが、他のメタル寄りの同人ゴシック系サークルに比べるとV系由来のノリが割と控え目で、代わりにアリプロっぽい壮麗なシンフォニックサウンドが目立っているのが個性になってる感じですかね。特にリズム面に工夫が凝らしてあるのが良いというか、単調な疾走オンリーじゃないのがプログレ好き的にも好印象な感じです。悶絶メタルさんではCROSS VEINに似てると評されてましたが…すみませんCROSS VEINまともに聞いてません。そのうち聞きます。

今作でも音楽的な特徴は健在なんですが、ただちょっと残念というか、この作品、前作「風来のViodle」に比べると音が悪くなってますよね…。最初に聞いた時、あれ、こんなに音軽かったっけ?って思って前作を聞き直したらやっぱり音が若干劣化していることに気付いたという(ミックスのバランスが変わってるのかもしれないけど)。
もし今作を聞いて微妙に感じた人がいたら是非とも前作2ndを聞いて頂きたい。前作のほうが音も良いし曲自体も粒揃いなんで。
もちろん今作が出来が悪いって意味じゃなくて、あくまで入門用としては前作のほうが最適かなぁって感じなんですが、でも今作は葉月ゆらさんとみーやさん、お二人の有名ボーカリストがゲスト参加していることもありますし、今作で初めて聞いた人も多いんだろうなと想像しますね。

各収録曲ですが、まず1曲目、前作の延長線上のシンフォニックな楽曲で、基本的な部分に変わりはないんだけどやっぱり音が軽くなってしまってるのが勿体ない。アレンジもメロディも十分に高品質なんですけどね。
2曲目はゲスト参加のみーやさんがボーカル担当で、さすが同人メタルで屈指のパワフルな歌声を持つ女性ボーカルさんだけあって存在感も抜群なんですが、ボーカルの存在感が強すぎて主役となるべきSiltoneのサウンドが影薄くなってるかもしれないですね…。というかみーやさんが歌ってるとどれもドラガ(桜牙)に聞こえてしまうのも仕方ない。この曲は間奏に僅かながらプログレ風味あるのがいいですよね。

3曲目もゲスト参加の葉月ゆらさん。こちらもボーカルの存在感が強すぎてSiltoneサウンドがほとんど耳に残らない…。よく聞けばアレンジ緻密に作り込まれてることに気付くんですけどね。メロディも素晴らしいしこれがハイライト曲かなぁ。というかやっぱり葉月ゆらさん凄えわ…。何を歌っても自分色に染め上げてしまう圧倒的な存在感。葉月ゆらさんのアルバム毎回コンポーザー変わるのにそれでも葉月ゆらブランドが完全に保たれてるのって凄いことだと思うんです。もちろん、曲が良いからボーカルが映えるというのも確かなんですけどね。
4曲目はメタル要素の控え目な三拍子系のミドルテンポ曲。クラシカルで雰囲気は良さげなんだけどちょっと地味かもなぁ。
5曲目は毎回定番になってる和風の疾走曲ですが、この曲でもSiltone独特のアレンジセンスの妙を感じ取ることが出来ると思いますね。和風な琴の音色と歪んだギターの絡みがかっこいい。

専任ボーカルSynatiQさんは残念ながら既に脱退してしまってるようですね、Siltoneの音楽性とSynatiQさんの歌声はよく合っていたと思うので惜しまれますが…。
次のボーカルが見つかるまで活動が滞るということもあり得ると思いますが、素晴らしいセンスを持ったサークルだと思うので是非ともまた新作を発表して欲しいですよね。音質さえ良くなれば知名度もグンと上がりそうな気もしますし。

GILDIA「命ノ刻」

命ノ刻

サークルの自己紹介コメントがいつもすべっ…じゃなくていつも面白いことでお馴染みのGILDIAの冬の新作です。…これも例によって新作と呼ぶのはギリギリかもしれませんが。
まあ知名度の高いサークルはうちみたいな辺境のブログでわざわざ紹介してもあんまり意味ないと思うんでいつも後回し後回しにしてる感じなんですよ。でもさすがに次の新作が出てしまったら本気で書く意味なくなりそうなんでギリギリのタイミングで投下してる感じです、はい。

GILDIAは同人音楽を聞き始めた頃に1枚だけ聞いて、それ以来あんまり関心なかったんですが、再び注目するきっかけになったのは昨年の世の漆黒とのコラボCDですね。以前の記事にも書いた通り、このサークルは確かにメロディは素晴らしいんだけど、輪郭のぼやけた音作りがどうも微妙に感じていて(意図的にこういう音作りにしてるんでしょうけど)それが惜しいと思ってたんですが、しかし世の漆黒とのコラボではまるで霧が晴れたかのようなクリアなサウンドによってメロディの素晴らしさも際立っていて、それによって個人的にも再び関心が湧いたという次第です。
で、何気なく買ってみたもののほとんど聞かずに放置していたシングル「Forget me nots」も改めて聞き直してみたらメロディの良さを再確認したという感じで。

そしてこの冬コミ新作ですが、その流れに加え、メタル度が増しているという事前の情報にも後押しされて購入してみた訳です。
でも、結論からいうとメタル度が高いのは2曲目だけで、あとの曲はいつものGILDIA流のV系ロックサウンドですね…世の漆黒コラボみたいなサウンドを期待すると肩透かしかもしれない。いやそんな期待してたの自分だけか。
でもメタル度がさほど高くないとしてもメロディが良いことには変わりないし、ほぼ捨て曲も無いしメロディセンス以前より更に洗練された感ある?
特に3曲目が良いですよね、このピコピコしたシンセのリフ。チップチューンって言うほどピコピコしてる訳じゃないけどゲーム音楽的な楽しさがあるかもしれない。
それとラスト8曲目、GILDIAにしては珍しく明るい曲調なんだけどこれも気に入ってますね。

ボーカルの悠季さんについては、他サークルにも数多くゲスト参加していてその度に実力の高さを思い知るのですが、イメージ的には「ザ・同人音楽シンガー」って感じの素晴らしい歌声だと思いますね。(というかぶっちゃけ個人的にはGILDIA以外で歌声を聞く機会のほうが多いかもしれない…)
前任シンガーの真崎エリカさんもかなりの実力派で、今や同人音楽の域を越えて幅広く活躍してらっしゃいますが、やはり個人的には悠季さんの声のほうが好きかな。
そういや、春M3で悠季さんソロのMilerious Worldもいちおう買ってたんですよね、でも開封するのはいつになることやら…下手したら来年になるかも…。

こんな記事を書いておきながら今後GILDIAの新作を買うことはほとんど無いかもしれませんが、でも同人音楽シーンを支える人気サークルの1つとしてこれからも頑張って頂きたいものです(他人事感)

夏コミまであと1ヶ月

…というかもう1ヶ月切ってるんですよね。早いもので。
M3だったら1ヶ月前から準備始めるんだけど、コミケはまあ2週間前くらいから始めりゃ十分ですかね。
昨年の夏は不作気味だったからわざわざ灼熱のビッグサイトに足を運ぶべきかちょっと迷うレベルだったけど、今回はSatanic a la modeの満を持してのフルアルバムがある訳ですからね、これは行かざるを得ないですよ。いちおう特設サイトも既に出来てるみたいだし(まだ真っ白だけど)、これならきっと夏コミまでに完成するに違いない?

Roman so Wordsのほうはどうなのかな、ツイッターとかほとんど確認してないからどの程度完成してるのかよく分からないけど。まあ出ればラッキーくらいに考えておきましょう。
しかし今回の夏コミ、直前に少女病のメジャー2ndが出たり、直後に六弦アリスのメジャーデビューアルバムが出たりと話題作が同時期に一気に押し寄せる感ありますよね。まあ自分はどちらも買わないと思いますが…(小声)
そういやドラゴンガーディアンのほうも、本隊の新作とドラゴンアイズの新作とサウザンドアイズの新作が同時に出るらしいじゃないですか、さすがに一気に出しすぎじゃないですかね…。3つとも夏コミ先行販売するのかな。まとめ買いするとちょっと割引あるとか?いやそれはないか、特典ならありそうだけど。
新規サークルのほうは…あんまり期待できなさそうかな。秋M3に期待ですかね。

あ、それと話は変わりますが感想記事のほうですね、夏コミまでにキリの良いところまで書いておきたいところなんですが…たぶん中途半端なところで止まってしまうでしょう。とりあえず、夏コミで新作出そうなサークル優先でいっときますかね…。
プロフィール

同人音楽初心者

Author:同人音楽初心者

メタル系とプログレ要素のある同人音楽を中心に扱います。
ゴシック系やサンホラ系の比重は少なめです。

Information
http://lmp-3-accoai.tumblr.com/
同人メタル最強(主観)サークル待望の新作がついに出ます!!冬コミ参加のメタラー全員購入必須!!!

https://tomorro4.bandcamp.com/
春M3最大の注目サークルの放った名作1stアルバムが
なんとバンドキャンプで(実質)無料公開されてます!!
これは聞くしかない!!
最新記事
カテゴリ
Imy (1)
☆おすすめ同人CD
World Ecriture
のん's Factory

images.jpg
PHANTAS-MAGORIA(Release hallucination)

骨
Satanic a la mode

Hollow Mellow -Tangled Knot -
Hollow Mellow

ゆめにっき 1
ぱっちりひつじ

Requiescant in Peace and Graceジャケ
Lost my Proust

(^O^)
(^O^)

strange haired girl
Laralastudio

ガロンダイト遙かな願いと心の剣
ガロンダイト
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QLOOKアクセス解析