FC2ブログ

サブスクで気軽に聞ける!おすすめ同人音楽のまとめを書こうかなと一瞬だけ思ったけどやっぱ面倒くさいのでメモ書きしか書かなかった回

現状「強い同人音楽」の筆頭だと思うMetomateもいよいよサブスク解禁に踏み切ったみたいだし時が来たかな?と思ったけどちゃんとした記事とか書くのはやっぱ面倒くさいですね。
Imyも全作品を解禁したっぽいし確実に波が来てる感はあるかな。Ariabl'eyeSもいつの間にかサブスクに揃ってたけど自分が愛聴してた時期のやつは無いので個人的おすすめってなると「黎明」ってことになるかなぁ。「ラメント」まではホント神だったんだよなぁ…いや今がダメって訳じゃないんだけど…。
NanosizeMirは1stも勿論名作だけど一番の傑作の2ndは無いのかぁ。

当ブログ的にLost my Proust全作品が超絶おすすめってことは改めて言うまでもなく自明なことなんですが、並んでおすすめ度クソデカのXiloroが配信終了しちゃってるのは実に惜しい…。
リリハルことRelease Hallucinationのように時代を先取りして配信してたサークルはすでに全ての同人リスナーが聞いてるでしょうから紹介する必要も無さそうですが、忘れちゃならないのがそのリリハルのemiさんがゲスト参加してたサタアラことSatanic a la modeのフルアルバムが今もサブスク配信継続してるという事実。サタアラという存在自体が公式で黒歴史扱いされてる気もするけどそんなの関係なく同人メタルの歴史に残るド名盤ですので配信されてるうちに聞いといたほうがいいかもね。

そういや前回「感想屋」ってタイトルで記事書いたけど、あれが言及してんのは現在悪い意味で話題になってる「有料感想屋」なる者のことではなく増田のほうですからね…念のため
スポンサーサイト



感想屋

某不敬アカウントによって1万RT越えてバズってたからご覧になった方が多いかと思いますがあの文章…分かる!!!めっちゃ分かる!!!と頷きながら読んでました。基本的にマイナージャンルでしか起こり得ない現象だとは思いますが腐女子界隈にもあるんだなぁ。これ系の話題は年に一度くらいの頻度で繰り返し書いてきたからしつこいかもしれないけど余りにも増田さんに共感してしまったので書いてみます。
あの増田を書いてた人自身も相当に文章力ある人だと思うんで実は「感想屋」は文章力が高いっていうだけではなれない(ていうかむしろ「ならない」)ってことが分かりますね。「長文感想はラブレター」…なるほど…。例えば有名アーティストに向けて感想リプ送ってもそんなの道端の雑草並みに気にも留められないけど母数の少ない界隈だと感想リプや感想ツイートが必然的に「人間関係」になってしまう(サークルから直接リプやエゴRTされるから)。そこに難しさがある。だから感想屋は文章スキルと人間関係スキルの双方に長けてる人間か、もしくは人間関係を全く無視できるタイプの人間か、そのどちらかしか存在しないんじゃないですかねえ。なので「サークルの励みになるからもっと感想ツイートしよう!」なんて呼びかけてもなかなか増えないって現状がある訳ですよね。文章力の高い人であっても人間関係を重視するタイプであれば「サークル様に上から目線の感想をツイートするなんて失礼だし…」って躊躇しちゃう訳で。
そして例の話の核である界隈で影響力の高すぎる感想屋の存在については…まあ…うん…あれですね…。コメントしづらい難しい問題ですよ。それが良い方向にも悪い方向にも働き得ることは多くの人が目撃してるはず。

まあ面倒くさくて更新せず放置してるような人間が今更になって改めて語るような話題ではなかったですけど、たまたま時間があった&気が向いたので。
とりあえず6年以上もこんな無益なブログを続けてきた者として言えることがあるとすれば、マイナー界隈ではネガティブな感想は何にも生み出さないのでツイートせずに心にしまっておいて、サークルの皆さんのモチベに貢献できるポジティブな感想だけツイートしたほうがいいかもね!ってことですかね。このブログにもネガティブな感想ってけっこう書いてしまったですが今となってはそれらは全くの無意味な代物と化してる気しかしないんで。「好きでやってる」同人系界隈においてネガティブな感想が役に立つってことはおそらく無い。
っていうか、かつてはネガティブ評価レビューって「このアルバムは地雷だから購入するな!大損するぞ!」的な抑止としての意味もあったかもしれないけどサブスク全盛の現在ではそういう存在意義もほとんどないですよね。世間では駄作扱いされてるけど実際に聞いてみたら良作だった、なんてザラですからね。
あ、さっき「無益なブログ」って言いましたけど、あくまでこのブログの文章が無価値って事であって、このブログで推してるサークルの作品はどれも素晴らしい物ばかりですよ。これだけは誤解して欲しくないので改めて。

W-M3

web版M3開催決定ってことですけど、サークル参加費有料でダウンロード販売が無いって完全にAPOLLOの下位互換じゃね? ダウンロード販売は今後追加される可能性あるけど連続試聴に優れたAPOLLOのUIに勝るものをこの短期間で用意できる気がしない。まあ結局はリアルM3の補助的なオマケ的イベントって位置付けになるのかなぁ。今後少しづつwebイベントとしての完成度を高めていくんだろうけど。コロナ長期化すればwebのほうがメインになる可能性もある訳だし。

そういやサンホラのサブスク解禁になりましたね。今まではアルバムがNeinしか置いてないという初見を崖から突き落とす超絶鬼畜仕様だったので今回の全作解禁は歓迎すべきでしょう。多くの人は入門用にエリ組やRomanを推すでしょうけど個人的にはやっぱMoiraですなぁ。過小評価されてるメルヒェンもアリ。あらまりさん時代よりも現在のサンホラに近い作風のアルバム推したほうが継続的なファンを獲得できる確率が高いのでは?

今更ですがFrost*新作EP、個人的にはそうそう!こういうのが聞きたかったんだよ!って感じでめっちゃツボにハマったのですがプログレを求める層からは不評っぽい? まあめっちゃダンサブルですからなぁ。後半のチルい曲も含めて最高だと思うんですけどね。

Air

エアコミケ、エアM3、エアコミティア、エア例大祭…。この自粛状況が長期化すれば全ての同人イベントがエア化していくんですかねえ。下手したらリアルイベントの慣習自体が無くなるかもしれない?
っていうかそもそも現物にこだわらなければいくらでもオンライン開催が可能だとは思うんですけどね。紙媒体やCD媒体なんてすでに過去の物になりつつある訳ですから。この話題自体はコロナ前にも散々しつこく繰り返してきたんですけど、ここに来て抗い難い決定的な流れがやってきてしまった感。
まあそれでも簡単には割り切れないのがオタクという生き物の性質で。実際、今回のエアコミケもリアルコミケに比べたら盛り上がりは大幅に劣る印象ですし。リアルイベントの熱量はやはり何物にも代え難いのか。

そういや、うちで過去に紹介した事のあるマイナーサークルがV名義で作品出したらiTunesで1位獲得したっていう大躍進案件の第2弾が来ましたよ。注目浴びてたのは知ってたけどまさか1位とはびっくり。とはいえ以前言及したサークルが本当に名義を変えただけで音楽自体は全く同じだったのに対し、今回の案件はあくまで楽曲提供という形でボーカルはVの女性になってるから同じ条件ではないんですけどね。それでも作詞作曲編曲演奏と全てそのサークルの人が担当してるみたいだから、やっぱ快挙ですな。
きっかけさえあればiTunesで1位になれるだけのポテンシャル秘めたサークル、まだまだ界隈に埋もれてそうですよね。ほんと、足りないのは「きっかけ」だけっていう。

今までストリーミングに消極的だった界隈のサークルも続々とストリーミング解禁に踏み切っていてほんと時代が変わった感。特にゴシック系。ストリーミングで気軽に聞ける同人音楽プレイリストとかあったら面白そう?

M(無)から生まれたM(Masterpiece)

https://enikaitashiro.booth.pm/items/1869372
気の迷いで謎ポエムなタイトルにしてしまいましたが特に意味はなくて、まあとにかくKalmeRi新作が傑作だと言いたい訳なんですよ。この状況下でもあえてM3参加した「エリート」の方々がこんな素晴らしい作品を買い逃してるなんて絶対あり得ないと思うので改めて紹介する必要もないかもしれませんが…。
KalmeRiの作品は毎回素晴らしい作品ばっかりなんですけど今回はKalmeRiの「集大成」と呼んでも差し支えないほどにこのサークルの魅力が全て詰まった傑作だと思いますね。RPG的ファンタジックな方向性を極めた1曲目「Crystal」、lightningspreeさんの自由なギター全開の疾走感パワフルロックナンバーの2曲目「Over There」、優雅で美しきメロディのバラード曲「I Will Be」、そしてトドメとなるバンプ風きらめき爽やかドラマチック展開ロック曲「ものがたり」、全ての要素を網羅して尚かつすこぶる完成度も高い。全く隙がない。KalmeRi入門用にも最適な1枚。
ってか内容も凄いんですけど驚異なのはこれがたった4ヵ月で制作されたって事実ですね。しかもレマノルドさんはKalmeRiだけでなくボカロ作品も並行して制作していてそっちの4曲入りEPも非常に充実した内容だったので…つまり前回のM3からのこの短期間に4曲+4曲のフルアルバム級の楽曲(全てが良曲)を用意したということになり…更に更には今回はもう1枚インストアルバムの新作を予定してたとか…まじかよ…信じられん。鬼か? 同人音楽界に棲まう鬼か?
いや、楽曲を量産するだけなら他にもそういう職人的な人は沢山いるんですけどね、真に驚異なのは「惰性」感が無いことなんですよ。普通は量産すると似たり寄ったりな曲ばかりになって惰性が剥き出しになってくるはずなんですけどね…。


そういや注目サークルとしてちょろっと書いた「Omnislash」って結局参加してたのかなぁ…まあツイッターのほうもほとんど更新されてないからまずあり得ないかな。以前ともろうさんと同じコンピに参加してたそうだし2人で組んで作品出してくれないかなぁ…無理か。

https://twitter.com/r_k_keyboardist/status/1227185910178926594
この「Progressive Metal Anime Song」とかいう恐ろしく何のひねりも無いド直球ネーミングな新規サークル、かなりクオリティ高い本格派のプログレメタルやってるみたいだから気になってたけどデジタル配信はやってないのかな? 作風は同じくプログレメタル系のサークル「Mind Over Matter」に近い感じかな、ちょっと古めのアニソンテイストなのも含めて。本格プログレ系サークルが増加しつつあるのは実に心強い。

https://minaruina.booth.pm/
プログレ系バイオリンインストっていうこのサークルも気になってた。

https://kalacread.com/
あと全く同人音楽じゃないんですが「KALACREAD」っていう国産プログレメタルバンド、昨年秋リリースの1stアルバムが素晴らしいんですよね。プログレメタルなので当然テクニカルな演奏が満載なんですが、何よりもメロディが非常に素晴らしくてパワーメタル系ハイトーンボーカルの熱唱もあってクサメタラーも必聴な内容になってます。超ハイレベルなバンドだと思う。未チェックのメタラー諸氏は絶対聞いたほうがいい。
プロフィール

同人音楽初心者

Author:同人音楽初心者

メタル系とプログレ要素のある同人音楽を中心に扱います。
ゴシック系やサンホラ系の比重は少なめです。

最新記事
カテゴリ
VA (4)
Imy (1)
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QLOOKアクセス解析