Tears Fall Spills「The Fragments Of Memory」

The Fragments Of Memory

という訳で、先日の記事にも書いた通りですが、このサークルの魅力はメインコンポーザー(であろう)hyahyaoさんの楽曲に尽きるなという結論に達した訳です。
この新作のクロスフェードを最初に聞いた時にはいまいちだなぁと感じたけど、それは4人のコンポーザーの楽曲を一斉にごちゃごちゃに聞いてしまったせいで受けた印象であって、hyahyaoさん作の3曲に絞って聞いてみたら前作の魅力をしっかり継承していることを確認できましたからね。そもそも前作の収録曲で好きだった曲って全部hyahyaoさんの曲だった訳ですし…(具体的にはVisions、One of stories、I'm Watching TVの3曲ですね。どれも最高ですよ)。他のコンポーザーの方には申し訳ないけどやっぱり自分のツボにハマる音楽を聞かせてくれるのはhyahyaoさんしかいないっぽいです…。
でも、これはあくまで自分の偏った趣味で聞いた場合の結論であって、他のリスナーさんがどう感じるかは分からないですけどね。むしろ4人のコンポーザーが四者四様の音楽性を聞かせてくれるというのがこのサークルの魅力なんでしょうね。

…このサークル知らない方には不親切すぎる書き出しだったので前後しますがちょっと説明しておきましょう。ここは前回の春M3初参加だったサークルで、今回の作品は2枚目のミニアルバムになります。音楽性はメタルコア、スクリーモ系で、ちょいプログレッシブなアレンジとキャッチーな歌メロが特色だと思うんですが、これはメインコンポーザーのhyahyaoさんの持ち味なので他のコンポーザーさんの曲には当てはまらないかもしれません。今回は前作より収録曲が増えて他のコンポーザーさんの楽曲の比率も増えてるんでちょっと散漫な印象になってるのは否めないんですが、まあ1サークルとして統一感のある作品を作ってるというよりかはコンピレーション作品的な位置付けなんでしょうね。

今作のhyahyaoさんの担当曲は3曲目、4曲目、6曲目のようですね。
3曲目の「I have to go to picnic」はプログレッシブなアレンジセンスが光るインスト曲で、前作の「I'm Watching TV」と同路線の曲ですかね。プログレッシブとは言ってもそれほど複雑だったりテクニカルだったりする訳ではなく、どっちかというと勢いで押すタイプの曲なんですが、でも小難しい感じがないので聞きやすい曲と言えるかもしれない。演奏技術がそれほど高くなくともこれだけプログレッシブなかっこいい曲が作れるというのはアレンジの妙としか言いようがないですね。
4曲目の「Overstep」は前作にはなかったタイプのアップテンポなボーカル曲です。クロスフェードでサビだけ聞いた時はそれほど良いと思えなかったんですが、フルで聞いたらアレンジかっこ良くてやっぱりこの人の作る曲は安定感あるなと確信しましたよ。この曲も微プログレッシブで中盤でちょいDjentっぽいアレンジもあったりするんですが、でもシャキシャキしたドラムのパターンとかちょっとV系っぽい気もする? まあV系の影響があるかどうかは定かではないですがハードコア系だけでなく色んなジャンルを取り入れてるからこういうセンスの良いサウンドが作れるのかもしれないですね。
6曲目の「Diary」は今回のハイライト曲でしょうかね。前作の「One of stories」と同系統の曲だと思うんですが、今回は外人みたいなめっちゃ上手いゲストボーカルが歌ってるから雰囲気は完全に別物ですね。ボーカルが変わるとこんなにもクオリティ上がったように感じるのかと驚きます。でもやっぱり前作の方が好きなんだよなぁ、あの素人くさいボーカルが良かったんだよ…。とはいえそんなマニアックな鑑賞の仕方してるのは自分くらいだろうし普通に聞けば完成度は今回の方が断然上ですよね。適度にプログレッシブなアレンジといいキャッチーなメロディといい本当センス良すぎると思いますよ。間違いなく名曲と言える出来ですね。それにしてもこのボーカルさん上手すぎると思うんだけどニコ動の歌い手とかなのかね。完成度を上げるということならば次回作ではこのボーカルさんに3曲くらい歌ってもらった方がいいのでは。

という訳で、ヘタウマボーカルが良かったとかマニアックな観点を除けばhyahyaoさん作の3曲はどれも素晴らしい出来で感服いたします。メタルコア、スクリーモ系の音楽なんて数え切れないくらい存在するけどこういう感じの音って意外にないんじゃないかな? 自分も詳しくないんで断言は出来ないんですけどね。
hyahyaoさんばかりヨイショして終わるのはさすがにアレなんで他の曲にも触れますが、7曲目の「The Last Story」、この曲は女性ボーカルが超キャッチーなメロディを歌い上げるポップパンク系の曲で、はっきり言って明るすぎて完全に浮いてるんですが、楽曲の出来で言えばかなり良い曲ですよね。前作でもこのコンポーザーの方はやたら明るい曲を作ってましたが、アレンジに面白みはないかもしれないけどメロディセンスは素晴らしいですよね。メタルコアとか聞かないリスナーでもこの曲は気に入るんじゃないかな?
遡って1曲目と2曲目…これはかなりデジタル系のサウンドでEDMも大きく取り入れられてるし、むしろメタル要素よりEDM要素の方がメインか?こういうのインダストリアルメタルっていうんですかね。クリーンのサビがけっこう良いんだけど出番が少ない…。5曲目はあんまり書くことない感じだけど…ボーカルはかっこいいかな。あとシークレットトラックで8曲目にアコースティックな弾き語り曲が入ってるんだけど…これは誰の曲なんだろうか。

そんな感じで、なんだかんだで今回の新作も満足な出来だったんだけど、やっぱり前作の垢抜けない雰囲気も捨てがたいんだよなぁ…。でもいくら同人音楽とはいえヘタウマな味わいに踏み留まって少数のマニアなリスナーにだけ聞いてもらってても仕方ないし、一度前進し始めたのならこのままクオリティアップの路線で行って欲しいですよね。そんな訳で次回作にも期待してます。
FC2 Management

Malikliya「KISARAGI」

KISARAGI.jpg

これからの同人音楽は個性の時代だ!とか勝手に思ってるんですけど、たぶん賛同する人はあんまりいないと思うし、そもそも個性というものが需要あるのか甚だ疑問なんですけど、とにかくこのブログ書いてる人は勝手にそう思ってる訳です。
DTMの技術もどんどん進歩していて今じゃアマチュアでもプロと比べて全く遜色ないサウンドを生み出せるようになってると思うし、「同人音楽なのにこんなにクオリティ高い!」みたいな魅力の見出し方はあんまり面白くなくなってきてるんじゃないかと思うんですよね。真っ向からクオリティで勝負したら結局はメジャーの音楽にかなわない訳ですしね。それでは同人音楽は単なるメジャー音楽の下位互換になってしまう。
じゃあ何が必要なのかと言えばやっぱり「個性」ですよね。メジャーでも未だ試されていない新しい音楽性を探ったり、もしくはジャンルの偏りによる画一化が著しい同人音楽内での相対的な個性でも構わないんですが、とにかく、他とは違うことやってる、新しい音楽を模索しているというのが伝わってくる同人音楽にやっぱり魅力を感じるんですよね。

そして、そんな「個性」を追求する新たなサークルがまた現れた訳です、それが今回紹介する新規サークルのMalikliyaです。

公式サイトに記されている文章の引用ですが、「ShogazeとProg MetalとSymphonic Black Metalと90年代ヴィジュアル系とを足して4で割らずにそのまま女性ボーカルを乗せた曲を作ろうと日々実験しています」、もうこの文章読んだ時点で個性を追求しているサークルであることがはっきりと見て取れますよね。特に「日々実験」、この文だけでも否応なく期待をそそります。
そして最初にサウンドクラウドで公開されていたボカロバージョンの「Whisper of fog」を聞いた時もインパクト十分でした。いわゆるシューゲイザーブラックというジャンルですが、そもそもシューゲイザーとブラックメタルという異質な音楽を組み合わせたこのジャンル自体が相当に実験的な音楽性だとは思うんですが、その音楽性にアニソン的なキャッチーな歌メロを乗せるという非常に同人音楽的な試みに一気に心惹かれました。「実験性」と「キャッチーさ」の両立、個人的にこれが同人音楽の最たる魅力だと思ってるんで、それを体現してくれそうなサークルが現れたことにとても喜びを感じましたね。

そして、かなり制作作業もギリギリだったみたいですし本当にCD出るのか事前に不安もあったんですけど、こうして無事に3曲入りの完成品がM3で発表された訳です。
…本当ならここで絶賛の言葉を書き綴るのが普通の流れですが、まあ結論から言ってしまうと、最初に期待してた内容とはちょっと違うかなぁという感想になってしまうんですよね…。決してガッカリなんてことはないですよ? 完成品はボカロではなくちゃんと女性ボーカルになってますし演奏面も見事ですしサウンドのクオリティも高いし文句の付けようのない完成度なんですが、ただ、カタログのサークルカットにでかでかと書かれていた「PROGRESSIVE METAL」の要素があんまり感じられないので物足りない部分もあるかなというのが正直なところです。
プロフィールにはOPETHがフェイバリットバンドの1つに挙がってたしサウンドクラウドにもOPETHっぽいプログレッシブなインスト曲あったから完成品にはそういう要素あるのかなぁと期待してたんですが、2曲目はシューゲイザー要素だけだし3曲目はブラックメタル要素はあるけど1曲目ほどのインパクトはないしプログレ要素もそれほどではないし…。まあこちらで勝手に期待してた方向性とちょっと違うというだけで、クオリティに問題あるとかそういう事ではないんで誤解なきよう。
むしろプログレというマニアックな要素が少ない分、万人向けの聞きやすい内容になっているとも言えますからね。これは同人ゴシック系が好きなリスナーにもかなりおすすめ出来そうですよ。

それにしても、やっぱり1曲目の「Whisper of fog」は強力な楽曲ですよね。アンビエント的な気怠く儚げなメロディの後ろで爆走する暴力的なブラストビート、この対比がたまらん。そして郷愁と虚無感を併せ持ったような何とも言えないサビのメロディラインが最高すぎますね。この曲を聞いたらやっぱり可能性を感じてしまうに決まってますよ。これは今年の同人音楽ベストチューンの上位に入ると思いますね。必聴の名曲です。
もちろん他の2曲も良いんですけどね。2曲目は非常に心地よいシューゲイザー的ポップスですし3曲目は適度にブラックメタルとプログレ要素の入った曲です。

このサークルの主催の方は本業がドラマーらしいからドラムは生演奏だと思いますが、同人音楽って中途半端な生ドラム導入でクオリティ下げてしまってるサークルけっこういるけど、こんだけ本格的なドラムならば言うこと無いですよね。しかもギター演奏も兼ねてるみたいだし本当にマルチな才能お持ちですねえ。
あとジャケ絵も素晴らしすぎますよね、この幻想美なアートワーク、CYNICの新譜を思い出します。部屋に飾っておきたくなるくらい綺麗ですよね。

まあ色々と書いてしまってますけど、やはりジャンルや需要に囚われず新しいアイディアを提示できるこういった優れた才能を持つサークルが登場したことは同人音楽シーンにとって大きな事だと思いますね。次回作はメタルじゃなくなるかも、と公式サイトにも書かれてますが、メタルでなくても面白い音楽性を聞かせてくれることは間違いないと思いますし期待したいと思います。

サンホラ新譜は来年春…?

Revo先生…またM3の時期にかぶせる気ですか…!? しかも次はアルバムかもしれないし、シングルでもあれだけテンション持ってかれるんだからM3前にアルバム出たりしたらもうサークルチェックに身が入らないかもしれないですよ。今回不作だった反動で春M3は豊作の可能性が高いというのに…。Revo先生まじ鬼畜だわ。もしかしたら古巣である同人音楽界に叱咤激励を与えてるのかもしれないですね!絶対違うと思うけど!


http://mmpk584.blog.fc2.com/
あーやっぱり今回不作だと思ってたのは自分だけじゃなかったか。というかうちの応援してるようなマイナーサークルだけでなく壁配置サークルも軒並み新譜なかったですもんね。まあでも今回出なかった分だけ冬コミと春M3に新譜が一斉に出ると思うし、それに今アレンジ系サークルがオリジナルの新譜を準備しているんじゃないかという予感もあるんですよね。早ければ冬コミでラッシュが来そうですね。3日目の配置を見れば判明しますけど。
しかし、今回が溜めの期間だったんだとしても、やはり悶絶メタルさんも仰ってるように「飽き」が来てるリスナーが多いというのも事実なんだろうし、東方アレンジが衰退してしまったら確実に同人音楽は縮小していくんでしょうね。
でも、同人音楽イベントの規模が縮小してしまったとしても、同人音楽の質はこれからもどんどん上がっていくという予感があるんですよ。というのは、DTM技術の発達という要素も勿論あるけど、それ以上に、需要が無いタイプの音楽性である故に評価は得られていないけど非常に面白い音楽をやっているというサークルが次々に登場しているからなんです。まあここでうちの推しサークルを挙げるのはちょっとフェアじゃないかもしれないですが、でもこの1年くらいの間に出て来たサークルでそういう可能性を感じさせるサークルがいくつもあるのは確かな事なんですよね。だから、参加者数とか売り上げとかそういう表層的な部分では同人音楽は衰退していくかもしれないけど、むしろ表層部分が削がれた分だけ純度はますます上がっていくと思うんですよ。超まとめさんとかは同人音楽の規模を拡大したいって考えで行動を起こしてるんでしょうけど、個人的には規模が縮小しても構わないからマニアックに深化していくべきだと考えてます。まあ自分は新参だし、Asrielやら六弦アリスやらオリジナル同人音楽を盛り上げた立役者が登場した頃のシーンの状況とか全く知りませんけど、その時とは違うベクトルでこれから盛り上がっていくんじゃないかなぁ。同人音楽が面白くなっていくのはこれから!って思ってます。


あ、イベント前に新譜微妙かなと言ってたTears Fall Spillsですけどね、ちゃんとフルで聞いてみたらやっぱり安定感ありますよね、ただしhyahyaoさんの曲に限定したらの話なんですけどね…! Tears Fall Spillsというサークルが良いというよりかはhyahyaoさんが最高なんだという事が良く分かりました。他のメンバーの方には酷い言いようですけどねww 詳しい感想は後日記事にしますのでお待ちを。
それと、ジャケ詐欺ばかりに注目がいっていたMajestic Righteousnessですが、やっぱり清々しいほどのB級クサメタルっぷりが素晴らしいですよねえ。今回不作ってことを抜きにしてもこの出来なら今回のM3新譜の中でも確実に上位に来ると思いますよ。あとQUEENパロが個人的にかなり面白かったw こちらも後日ちゃんと記事書きますんで。あ、でも一発目は一番期待してたMalikliyaにしますんで、というかもう既に文章は書けてるんで明日上げます。

秋M3お疲れ様でした。

今回のM3は不作だ不作だーとまるでネガキャンのように連呼してきましたが、蓋を開けてみればなんだかんだで楽しいイベントでしたね。無料配布はやたら多かったけど目的のところは全て無事に回収できたし、枚数だけで言えば今まで参加した同人音楽イベントで最高のCD数になりました。50枚近くあるかな。イベント後の充実感で言えば前回とほぼ変わらないですかね。

ただ、いざ帰宅して注目サークルのCDをいくつかリッピングしたんですが…やっぱり期待通りの内容とはいかなかったかな…。いや期待外れってほどじゃないけどヘビロテしたくなるほどの魅力はないというか…。例によって近いうちに感想記事も上げますが、絶賛できるほどの作品がないとやっぱりモチベーションは下がるかな…。まあ、前回の春M3はLost my Proustとてぐせ壱という超強力なツートップがありましたからね、あれに比べたら見劣りするのは仕方ない。まだ開封してない作品に凄いのがあるかもしれないけど。

しかし今回はジャケ詐欺が豊作だったというか、いや悪い意味でなく、ジャケが変な方向で気合入ってるのが多かったというかw 言うまでもなくMajestic Righteousnessが筆頭なんですが、shaky ART'sとかマジキチプログレコンピも無駄に豪華なジャケ絵ですよねえw あとブルートレインやばいでしょこのジャケww某有名バンドのジャケ丸パクリじゃないかww まあ偉い人(?)にバレなきゃセーフなんだろうけど壁配置だとちょっと目立つよねw

そういや幼蚕文庫にめっちゃ列が出来てて新譜も旧譜もあっという間に完売してたみたいだけど、ここってそんなに人気あったのか…。ちょっと意外というか、委託のHollow Mellowとの相乗効果であんな列になってたんだろうけど。
それと、お気づきになった方もいるかと思いますがオレウサのスペースにLost my Proustの無料配布がひっそりと置かれてましたよね…でもサークル名すら書いてないという酷い扱いっぷり。同人メタル最強のサークル(主観)がこんな扱いされてるとちょっと寂しい…。まあ、Lost my Proustの方々はぎゃぷいちさんとそんなに親交ないのかもしれないしご厚意で置いてもらってたのかもしれないから仕方ないかなぁ。でも冬コミで受かって自前のスペース獲得したら本領発揮できると思うし頑張って欲しいものです。

2014秋M3、無料配布まとめ

今回は無料配布が多すぎてイベント難易度やばいことになってるんで無料配布に特化したリスト作ってみました。まあ無料配布を全部網羅してる訳ではなくほぼメタル系だけなんですけどね。時間ないのでURLは省略します。



☆ え08b (幼蚕文庫に委託) Hollow Mellow
次回作の収録曲から2曲。ここは知名度高いけど枚数それなりに多いかな…どうかな

コ35a Kattria
昨年秋の作品ですが持ってない方は是非!

☆ コ35b Clef Doll
新体制の第一弾ということで是非入手しておきたい。

☆ サ01b SPARESPINE
次回作から先行シングル2曲。ここは前の無料配布でも余裕あったから大丈夫かな…?保証ないけど

サ02a んんんrecord
ゲーム音楽っぽいインストやってるサークルみたいだけどけっこうな曲数の無料配布らしい 

サ05b さくらソルフェヰジュ
そこそこ知名度ありそうだけど枚数は分からん…。

☆ サ13a CI Project
1曲無料配布。まあ曲数的に黄昏を優先ですかね。

サ14b Sterblich Magie
厳密には無料配布じゃなくて100円なんだけど無料配布みたいなもんですよね。夏コミで入手できなかった人は是非。まあ自分は持ってるからいいんですが…。

☆ サ20a 黄昏の旅団
新曲2曲を無料配布。知名度的にそんなにやばくはないと思うけど枚数少ないらしいから油断はできない。

☆ サ26b Crimdoll
序章の序章を無料配布。収録時間1分らしい。新規サークルだけど物語音楽という属性あるし枚数少ない可能性あるからちょっと読めない。Kattriaの前例あるしな…。

ス14a Dragon Guardian
ミカエル咲夜1stソロシングルを無料配布

ス14b Marmalade Butcher
過去作の曲を無料配布か?

ス16a 毎日五月病
このサークル自体の新譜はないんですが委託で無料配布あるらしい?

ス21b Eine Kleine
ここは次回作のデモらしいから無理してゲットしなくてもいいのでは。

☆ ス22ab Aurelia
ミニアルバムを無料配布という信じられない大盤振る舞い…。壁サークルだからそれなりの枚数あるといいなぁ…。


☆が付いてるサークルは回収失敗が決して許されないサークルです。これをどういう順番で廻るか…。開場までに考えておきましょうかねw
あと無料配布じゃなくともAEROWIFEとか完売早いサークルもありますからね。油断大敵です。こすもぽりたんも100円だし早そう。Majestic Righteousnessもジャケ詐欺の効果で売れ行き良くなったりとかあり得るか?w
プロフィール

同人音楽初心者

Author:同人音楽初心者

メタル系とプログレ要素のある同人音楽を中心に扱います。
ゴシック系やサンホラ系の比重は少なめです。

一言雑記 (随時更新)
https://tomorro4.bandcamp.com/
今回のM3最大の注目サークルの放った名作1stアルバムが
なんとバンドキャンプで(実質)無料公開されてます!!
これは聞くしかない!!
最新記事
カテゴリ
☆おすすめ同人CD
World Ecriture
のん's Factory

images.jpg
PHANTAS-MAGORIA(Release hallucination)

骨
Satanic a la mode

Hollow Mellow -Tangled Knot -
Hollow Mellow

ゆめにっき 1
ぱっちりひつじ

Requiescant in Peace and Graceジャケ
Lost my Proust

(^O^)
(^O^)

strange haired girl
Laralastudio

ガロンダイト遙かな願いと心の剣
ガロンダイト
リンク
リンク2
尊敬するレビューサイトは
「悶絶メタル」さんです
よろしくお願いします
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QLOOKアクセス解析