GILDIA×世の漆黒「LiD」

LiD.jpg

GILDIAと世の漆黒のコラボ作品ですね。
このコラボで面白いのはお互いのサークルの楽曲をアレンジし合ってるというところでしょうか。インスト除くとボーカル曲は2曲目と4曲目の2つだけで実質的に2曲入りシングルなんですが、2曲目のほうが世の漆黒が作曲でGILDIAがアレンジ、4曲目の方はその逆でGILDIA作曲で世の漆黒がアレンジ…という風にシャッフルされてる訳ですね。ボーカルはどちらもGILDIAの悠季さんで、まあ世の漆黒はボーカル流動的だから当然の成り行きか。世の漆黒の春の新譜でも悠季さん歌ってたし。

面白い企画だとは思うんですが、ただ、2曲目「L」の方はアレンジをシャッフルしたことの意味がいまいち感じられないかもしれないですね。というのは、アレンジにGILDIAらしさが全然感じられないんですよね。だってこれめっちゃメタルコア風じゃないですか…GILDIAってこんな曲調あったっけ? これアレンジ担当のクレジットに「毎日五月病」とか書いてあった方が説得力あると思えるくらいw 「いつもと一味違うこんなヘヴィなアレンジも出来るよ!」って音楽的な引き出しの豊富さを披露してると考えれば面白いと言えるのかな。いや、曲としては普通にかっこいい曲なんですけどね。

しかしながら、4曲目のGILDIA作曲で世の漆黒アレンジの「D」の方は興味深いですね。メロディはもう一聴してすぐわかるGILDIA節なんですが、バックの音がめっちゃクリアなんですよ。GILDIAっていつもなんだか音がぼやけたような音作りしてるじゃないですか、あれは郷愁感を演出するとか、もしくは昔のV系リスペクト?かなんかで意図的にああいう音作りにしてるのかなぁと思うんですが、個人的にはあの不鮮明な感じが苦手というか、あれのせいでいまいち楽しめない感じがあったのは否めないんですが、今回のコラボで世の漆黒がアレンジ担当したら非常にシャープでメタリックな音像に変わっていて、それのおかげでメロディの良さもいつも以上に際立ってるように感じますね。改めてGILDIAって良いメロディ作るなぁと思わされましたよ。この切ない系メロディ?の破壊力はさすが人気サークルだなぁと感服させられます。
(勿論、GILDIAの音作りが好きっていうファンの方々も多いでしょうし、まああくまで個人的な好みの問題なんですけどね)
GILDIA単体の夏コミ新譜は実は買ってないんですが、クロスフェード聞いた感じだと2曲目とかゲーム音楽みたいなノリだしちょっとEclipseedっぽい? けっこう色んな曲調に挑戦してるっぽいですなぁ。もしかしてメタルコアっぽい曲も過去にあったのか?
あと昨年冬コミで買ったシングルも聞き直してみたんですが、やはりメロディ良いですなぁ。このサークル過小評価してたかもしれない…。

世の漆黒は同人ゴシック系の中では割と他との差別化に成功してる方と言えますかね。基本はV系サウンドだけど、やはり個性の中核となるのはドラマチックなツインリードギターですよね。ボーカルが流動的なのにも関わらずきちんと個性を確立できてるのはツインリードのおかげでしょう。今作の4曲目でも立証されていますがやはりアレンジ能力は高いですね。

このコラボ企画は面白いと思うし、今度はお互い3曲づつくらい出し合ってミニアルバムとか作って欲しいな…とか思ったりするんですが、さすがにそこまですると自サークルの新譜が作れなくなってしまうのかな…。
というか、他のサークルでもこういうシャッフル企画やったら面白そうですよね。全然毛色の違うサークルでシャッフルしたら凄いことになりそうだけど、さすがに全然サウンド異なるサークルじゃお互いの交流がないから無理かw
FC2 Management

灰色Logic「ぱらいそ」

ぱらいそ

前々から名前は見かけてたんですが今回初めてCD買ってみました。
一言で言えばよくあるV系の影響が濃いサークルなんですが、特色としてはボーカルは固定ではなく男女共にたくさんのボーカルがゲスト参加しているのでバラエティ感が豊かで、男性ボーカルの曲はモロにV系だけど女性ボーカルの曲だと同人ゴシック系っぽい雰囲気って感じでしょうか。

作編曲は全て主催者の方が1人で手がけているみたいですが、素晴らしい楽曲の充実っぷりだと思いますね。収録曲が10曲もありながらもどの曲も非常にキャッチーでフックのあるメロディが揃っていて、捨て曲はほとんど無いと思います。他サークルからの楽曲提供で固めたアルバムでもここまで曲を充実させるのは至難の技なんじゃないでしょうか、それを個人サークルでこれだけの楽曲クオリティに仕上げるとは、ほんと主催の方は素晴らしい才能をお持ちですねえ。他のV系サークルと比較しても、キャッチーさという点ではかなり秀でてるように思えます。

ただ、曲は凄く良いんだけど、その他の部分でのサークル独自のアピールポイントが乏しい感はあるかもしれない。ご存知のようにV系サウンドはゴシック系と同様にオリジナル同人音楽界隈では飽和気味だから個性はあんまり主張できてないし、ボーカルは曲ごとに変わるからコンピレーション作品っぽい感覚もあるし、このサークルならではの独自色を感じづらいってのはありますね。せっかく曲は良いのにちょっとその辺は勿体ないかもなぁ。勿論、多彩なボーカルで飽きさせないっていうメリットも十分ありますけどね。まあ、提供曲だけで固めてるボーカリストさんのソロ作品に比べれば寄せ集め感は全然薄いんですけど。

参加ボーカルはEine KleineのくろねこさんとAureliaのKikyowさん以外は存じ上げないんですが、どの方も上手い方ばっかりだと思いますね、楽曲の良さが十分に活かされていると思います。ジャケットの雰囲気から和風の曲が多いのかと思いきや割とラテン風のノリが多い気がする。
楽曲は、いちいち1曲づつ取り上げる必要ないくらい良曲揃いだと思いますね。先行配布された2曲目を筆頭としてキャッチーで覚えやすいメロディが満載です。
メタルとプログレなスタンスのこのブログ的に推せるサウンドではないですが、歌謡曲的なV系が好きなリスナーさんなら楽しめること間違いないでしょう。

ATB邦楽プログレ

日本のプログレ限定の「#ATBジャパグレ」の結果が発表されてましたね。
http://togetter.com/li/719628
またプログレの話かよ…と呆れられるかもしれませんが、まあまあそう言わずに、なんと今回は同人音楽もランクインしてるんですよ! 93位のぱっちりひつじ、ほら左カラムのおすすめCDのところにあるサークルですよ!! …え? そんなサークル興味ないって? …やっぱりそうですよねw でも同人音楽がランクインって何気に凄くありません?
あと、ランク外ではありますが麹町養蚕館とかも入ってますね、こっちはご存知の方が多いんじゃないかと思うんですが。実は麹町養蚕館のCDは1枚買っていて、記事にもしようと思ってたんですがすっかり忘れてました。プログレッシブな曲展開がかっこいいサークルですよねー。
そして、サンホラのエリ組に投票してる人が2人いたようです。サンホラでプログレと言ったらやっぱりMoiraだと思うんだけどなぁ…。

ゲーム音楽がたくさんランクインしてるのは想定内か。そしてランク外の下の方にはアフィリアサーガとかキルミーベイベーのような超変化球もあったりで、やはり日本限定にするとイロモノがいっぱい入ってきて面白いですなぁw 奇をてらってイロモノを投票してる人もいるんでしょうけど、さすがにプログレ要素が全くないのに投票するはずないと思うんですよ。だからここに名前挙がってるアーティストにはどれも少なからず興味ありますね。
あと関係ないけど、ジャパグレっていう略称はあんまり語呂が良くないから好きじゃないんですよね…。ドリムシって略称と同じくらい違和感ある。まあどうでもいいんですがw
ATBユーロプログレって企画もあるみたいだけどそっちは完全に上級者向けな感じが…。イタリア勢が上位に来そうですな。イタリアンプログレってあんまり好きじゃないんだよな…。悶絶メタルさんのおすすめのクサいプログレとかほとんどイタリアだったけど、やっぱりクサメタラー受けの良いプログレはイタリアなのかね。自分は北欧推しですが。

埼玉最終兵器「Forgotten Ruins」

Forgotten Ruins

有名サークルですし名前だけは前々から知ってたんですが、CD買ったのは今回のが初めてだったりします。まあ自分は基本的にアレンジ系には手を出してないんでそんなサークルは山ほどあるんですけど、しかし最近アレンジ系サークルでもオリジナル出し始めるところが増えてきてるから、自分もその流れに乗じてオリジナル作品が発表されたら少しづつこういう有名どころもチェックしていこうと思ってますね。

http://dic.nicovideo.jp/a/%E5%9F%BC%E7%8E%89%E6%9C%80%E7%B5%82%E5%85%B5%E5%99%A8
やっぱりアレンジ系の有名サークルだとこういうwiki的なものも完備されてるから便利ですなぁ。なるほどかなりの古参サークルなんですね。メタル系のアレンジがメインで、自らが影響受けたバンドというのもメタリカやインペリテリやジューダスプリーストやらガチガチなメタルバンドばっかりのようですが、今回の新譜を聞いた限りでは割と爽やかなフュージョンテイストの濃いサウンドに感じるし、リードギター以外ではそこまでメタル臭は強く感じないんですけどね。他のCDだともっとメタル寄りだったりするのかな?
でもこの爽やかさが万人受けに繋がってるのかなぁと想像しますね。ガチガチなメタルだとけっこうリスナー層を狭めてしまいがちですが、こんだけ軽やかなサウンドならBGMにも最適だし、そしてインストながらもメロディは超キャッチーで演奏もしっかりしてるんでコアなリスナーにも受けそうですし、さすが有名サークルらしい懐の深さを感じます。

このメロディのキャッチーさはほんと特筆すべきですよね。普通、アレンジ系サークルがオリジナル出すとメロディが淡白だったりするんですが、この作品はゲーム音楽直系と言えるような親しみやすいメロディが満載ですよね。全曲インストですが歌ものに劣らないメロディアスさがあると思います。
そして爽やかでテクニカルなフュージョン系の演奏ですよ。やはりこういう音にはプログレ的なものを感じずにはいられません。プログレ系から影響受けてる訳じゃなさそうなのでゲーム音楽からの間接的な影響だとは思いますが、やっぱり個人的にも好きな系統の音には違いないですね。

さて各楽曲についてですが、1曲目からめっちゃキャッチーで軽やかな曲ですね。このBGM的な大衆性はTVで流れてても不思議じゃないくらい。メロディもよく出来てますよねえ。アレンジ系サークルでこれだけの完成度のメロディ聞かせてくれるって素直に凄い。
2曲目はドラマチックなツインリード主体でメタル度は強めかな。勿論メロディも良い。
3曲目はちょっと異色というか、渋いなぁ…。こういうブルージーな曲調って同人音楽で需要あるのかな? 個人的にもあんまり好きではない曲調かな。でもゲーム音楽的なノリばかりではなくこういう曲もあることによって音楽的な引き出しの豊富さが垣間見える気もします。
4曲目はバッキングでギターザクザク刻んでるんだけどやっぱりベースの音やシンセの音はフュージョン的ですなぁ。これもTVのBGMで流れそうな大衆性がある。
5曲目はまさにキラーチューンですね、いわゆる「ラスボス戦」系のハイテンションなメタル曲ですが、いかにもゲーム音楽的な作りなんだけどオリジナルでもこれだけの完成度で仕上げてることに驚きます。

非常に聴き応えのあるインスト作品ですし、アレンジCDにまで手を出すかは分かりませんがオリジナルがまた出るのであれば期待したいですねー。
それにしても、タイトルが「Forgotten Ruins」でジャケも廃墟だけど中身の音楽に全然廃墟っぽい雰囲気ないよなぁ。単に廃墟ジャケにしたかっただけなんだろうかw

Satanic a la mode「CYCLIC」

CYCLICジャケ

イベント前にCYCLICってCYNICに似てるなぁとか意味不明なこと書いてましたけど、循環とか周期的とかそんな意味の単語みたいですね。というか、今回の収録曲が過去曲のリメイクであること考えると、RECYCLEのCYCLEなのかなとも思えてきますが…さすがにリサイクルじゃイメージ悪すぎかw

そんな訳でサタアラの今回の新譜はリメイク曲が1曲だけという、まあ正直言って寂しい内容なんですが…。でもイベント前にも書いた通り、夏コミの過酷な環境を考えて敢えて買い逃しても問題ない過去曲のリアレンジにしたとも解釈できるし(そこまで配慮したのか分かんないけどw)、それにイベント毎にコンスタントに作品発表することが義務のように求められる同人音楽イベントの風潮こそが不自然とも言えますからね、本来なら音楽作品は作り手が満足いくまで作りこんで発表すべきものだと思うし、イベントのタイミングに無理に合わせないといけないプレッシャーがあるとしたら理不尽と言えなくもないですしね。
だから今回の内容に対する不満はないんですが、ただ次回のM3不参加って流れはちょっと不安ありますよね…。時間が無いってだけならいいんだけどモチベーションの方は大丈夫なのか?とか…。まあ、そこまで心配するのはさすがに余計なお世話って感じでしょうかw まあうちらリスナーとしてはただ待つだけですよね。

収録されているのは1stの4曲目「プリズムラブ」のリメイクバージョンなんですが、最初聞いた時は「お、かなり大幅にアレンジされてる?」と感じたんですが、ちゃんとオリジナルバージョンと聴き比べてみたら新たに追加されたイントロ以外はそれほど大きな変更点は無さそう…?
実は1stの「アイアンガールズ…」は2ndの「骨」に比べるとそれほどヘビロテしてた訳でもないんですよね。やはり個人的にはサタアラはカオティックな要素を導入した「骨」からが本番だと思ってるんで。しかし、改めて1st聞き直すとほんとクオリティの高さに驚くばかりですよ。特にソロ部分の作り込みとか半端ないし、楽曲も粒揃いだし、これ本当に1stなのかよ…と今更ながら驚愕しますね。そりゃ新規サークルがいきなりこんだけの物を出したら話題沸騰するに決まってますよねえ。未だにサタアラは1stが一番好きって人けっこう多そうな気がするし、入門用にも1stが最適なんでしょうな。「骨」以降は個性確立されてるけどちょっと癖が強いですからね。

さて、今回のリメイクバージョンとオリジナルバージョンとの違いですが、まず一聴してすぐ分かるのはイントロですよね。疾走の前にスローテンポで壮大な雰囲気の序章的なギターパートが追加されてます。もちろん音質も格段に向上していますね。1stはこもったような音でしたがその弱点が改善されてます。ボーカルも元バージョンよりパワフルな歌唱になってる感ありますかね。ギターソロは…かなり長く複雑な構成なのでよく聞かないと違いが分かりづらいんですが、オリジナルバージョンよりちょっとだけ削られてるか? さすがに長過ぎると判断したんですかねw ソロの後半にSilent Jealousyっぽいフレーズが追加されてるのはすぐ分かりますね。

ギター担当にNo.3さんがクレジットされてますけど、Original Takeって書かれてるからやっぱり今回のリレコーディングには不参加なんだろうな。いんきょうさんのギターに不満ある訳じゃないんだけど、やっぱり初期作品みたいに流麗なソロが入ってるほうが盛り上がると思うんですよね。いんきょうさん人脈広いんだろうしお友達サークルのギタリストさんにゲスト参加してもらえないんですかねw

果たして以前予告されていたフルアルバムがいつ発表されるのかは知る由もないんですが…まだ立ち消えになってないですよね? 1年後とかでも全然構わないのでクオリティ重視でゆっくりと作って頂きたいものです。というか、個人的には曲数とか気にしないので、1曲でもいいからキラーチューンさえ聞ければ満足って感じなんですけどね。昨年の夏コミのシングルとか最強でしたし。
プロフィール

同人音楽初心者

Author:同人音楽初心者

メタル系とプログレ要素のある同人音楽を中心に扱います。
ゴシック系やサンホラ系の比重は少なめです。

一言雑記 (随時更新)
https://tomorro4.bandcamp.com/
今回のM3最大の注目サークルの放った名作1stアルバムが
なんとバンドキャンプで(実質)無料公開されてます!!
これは聞くしかない!!
最新記事
カテゴリ
☆おすすめ同人CD
World Ecriture
のん's Factory

images.jpg
PHANTAS-MAGORIA(Release hallucination)

骨
Satanic a la mode

Hollow Mellow -Tangled Knot -
Hollow Mellow

ゆめにっき 1
ぱっちりひつじ

Requiescant in Peace and Graceジャケ
Lost my Proust

(^O^)
(^O^)

strange haired girl
Laralastudio

ガロンダイト遙かな願いと心の剣
ガロンダイト
リンク
リンク2
尊敬するレビューサイトは
「悶絶メタル」さんです
よろしくお願いします
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QLOOKアクセス解析