FC2ブログ

Pratanallis「Holy Fragments」

2018-08-17_023516.jpg

https://www.pratanallis.net/


「狂愛ROMANCE」すっげえキラーチューンだからまじでみんな聞いて!同人メタルの歴史に残るレベルの名曲だから!ほんと聞いて!

…みたいな感じで推してたのがもう2年前なのかぁ…時の流れは早い。ようやくPratanallisの3rdアルバムが出ましたよ。だいぶ待ちましたね。
その間に3曲入りシングルや先行シングルのリリースはあったものの、まさかアルバムまで2年もかかるとは正直思ってませんでした。ってか先行シングルの「Justynusty」でさえ昨年春? 1年以上前…。
このPratanallisは多くの壁サー級ゴシックサークルのようにイベント毎に新作連発するのではなくじっくりと制作するタイプだというのは分かっていたけど、それでも1年程度でアルバム出すだろうと予想してたのでかなり意外だったと言わざるを得ないかな。

2ndアルバム「ANGELS OF BARCAROLE」の時点ですでに壁サー級に肉薄するクオリティには達していたので、きっと次なる3rdアルバムでは更なる飛躍を果たしてPratanallisの名前を界隈に知らしめてくれるだろうと期待してたんですが、結論から言うと今作はそこまで理想的な内容ではなく…クオリティという面から言えばほぼ前作と同等、全く変化がない訳じゃないですが少なくとも一聴して分かるような派手な進歩はないという印象。
でもクオリティについては2ndアルバムの時点で完成していたのだから別に進化の必要性はなかったとも考えられるんですが、それよりもメロディがですね…2ndや1stに比べると若干地味っていうか…スルメ系な感じなんですよね。一発で「クサい!キラーチューン!」って判断できるような即効性のある曲が乏しい。
それとサビ終わりにおける中途半端なメロ展開が目立ってきてるっていうか…今までの作品でも浮遊感あるメロでサビ終わらす傾向あったけど(ヒノデさんの癖?)、今回はそれが特に目立ってるのも気になるところ…。

収録曲は11曲、初のフルアルバムですがミニアルバムとフルアルバムをいちいち区別するのもめんどくさいんでまあ普通に3rdアルバムってことでいいですよね、公式もそう扱ってますし。

例によって少し長めのイントロを経て始まるボーカル曲一発目「Menina Eris」、1stと2ndに続いて今回も一発目のボーカルはめらみぽっぷさん、もうこれはPratanallisのお約束として確立されたと考えていいんでしょう。ただ、今までのめらみさん担当の冒頭曲と比べるとちょっとスルメ寄りっていうか…最初聞いた時にはサビがどこか分かんなかったんですよね。Bメロっぽく聞こえてしまうサビメロ。でも何度か聞けばサビがどこだか分かりますし、よく聞けばカッコいいメロだと分かるんで決してダメな曲って訳じゃないんだけど…まあインパクトで過去作に劣るのは致し方ないところか。
間奏部分の複雑かつドラマチックな展開及びヒノデさんの奏でるギターソロのクラシカルでメタリックな響きはPratanallisの真骨頂と呼べる物で、今回もその魅力は健在。これこそが他の同系統サークルと差別化する決定的要素であるのはもはや説明不要ですね。
特にヒノデさんのギターはさらに冴え渡って鋭さを増していると思うのですが、ただ、ギターのクオリティが上がったことによって他の打ち込み部分との質の差が現れつつあるような気もしなくはない。

2曲目「deja vu」もレギュラーと言って差し支えないお馴染みのボーカリストeupeさんが担当。eupeさんの透き通った歌声が活かされたシンフォニックでゴシックなテイストたっぷりの楽曲ですね。サビ後のコーラスが特に良い。

3曲目「Braking Down」と4曲目「Compassion」は「きょーこ」さん担当。この2曲とも素晴らしい出来栄えで作中でも特に気に入ってます。今作はアルバムを引っ張る役割であるキラーチューンの攻撃力が不足してる感はあるんだけど中堅ポジションの曲は良曲が多いんですよね。この2曲はまさに中堅ってイメージ。
きょーこさんの歌声は他の参加者に比べると個性という点では一歩譲るかもしれないけど非常に手堅く綺麗な歌唱によって楽曲に魅力を与えているように感じます。
3曲目のほうは派手さはないものの疾走感やクサさやキャッチーさなどの要素をバランス良く備えていて実に優れた楽曲。
4曲目のほうは三拍子系のバラードと思わせといて途中でアップテンポになる意外性ある楽曲展開が特徴的で、サビの優雅なメロディラインとギターソロのドラマチックな展開に魅了される。

6曲目のオルガンによるインタールード的インストを経ての7曲目「Justynusty」、昨年春に先行リリースされた楽曲ですね。個人的にPratanallis最強ソングだと思ってる「狂愛ROMANCE」を担当した強力ハイトーンボーカリスト黒崎朔夜さんが歌っているクサクサ疾走曲ということで「約束されたキラーチューン」…と言いたいところなんですがやっぱ狂愛ROMANCEにはちょっと及ばないかなぁ。こっちのほうが疾走感は明らかに上だしサビの超絶ハイトーンが凄まじいのでクサメタラー的な観点ではこっちのほうが点数上かもしれないけど。まあいずれにせよ強力な楽曲であることに違いはない。
あんきもことUnlucky Morpheusとか好きな層にも是非聞いて欲しい。オリジナル系でもこんな凄いメタルサークルいるって事実を知らない人多いんじゃないのかな?

8曲目「With You」、再びeupeさん担当曲。アツすぎた前曲から一気にクールダウンして穏やかで美しい三拍子曲。この曲もeupeさんのクリスタルな歌声が絶妙にハマってますね。やっぱコーラスが特に良い。

9曲目「少女のseraph」、これも黒崎朔夜さん担当で、そして何より驚きなのがギターソロがあのリリハルことRelease hallucinationのカオリンさんっていう。リリハルメンバーのゲスト出演は非常にレアなのでこれだけでもリリハルファンは買う価値ありまくりでしょう。
そんな感じで役者は豪華なんですけど楽曲のほうは…ちょっとサビメロが地味かもしれん。けどそれを補って余りあるほどにカオリンさんのギターソロは凄い。リリハルでは聞けないような派手でメロディアスなプレイは必聴。

10曲目「Holy Fragments」、タイトル曲ということもあって終盤をしっかり盛り上げます。ツインボーカルってPratanallis史上初? そして何気にこういう飛翔メロスピっぽい明るいメロの疾走曲も珍しい。クラシカルテイスト極まったギターソロも素晴らしい。

11曲目「My Happiness」、ラストはめらみぽっぷさんによるバラード曲。実はこの曲が一番好きかもしれない。クサ要素のないバラードなんだけど普通にメロがすごい好きな感じなんすよ。めらみさんの歌声も最高だし。

ジャケは2ndと同じ絵師さんですね。同じ絵師さんで統一してブランド感を演出するのはとても良いと思う。

って訳で、捨て曲なしの1st「Mystic Night」、最強キラーチューンを収録した2nd「ANGELS OF BARCAROLE」に比べると今作は少しばかり隙がある内容かなぁと思うんでPratanallis初めて聞く方にはやっぱ過去作をおすすめしたいところなんですが、もちろん今作も良い曲はたくさん入ってるんでスルーはして欲しくないですね。

次のアルバムまでやっぱ2年くらいかかるんかなぁ。2年後ってオリンピックの年か…。そうか…。
スポンサーサイト

来年のコミケは4日間の開催?

コミケ終了翌日に秋葉原で同人ショップ漁るのをコミケ4日目なんて冗談で言うことあったけどそれが現実になるとは驚き。これで人混みは多少は分散して減るのかな? 企業ブースはどうせ行かないから遠くに飛ばされても問題ないけど。
同人音楽は何日目になるのかなぁ。せっかく4日開催になるんだったら4日目に行ってみたいかも。

夏コミ新譜の方はほとんどリッピング終えてます。
記事一発目はPratanallisかWHITEFISTSにするかで迷ってたけど…もうちょっと聞き込んでから書いたほうがいいか。
WHITEFISTSのほうは安心の内容だったから良いんだけどPratanallisのほうは必ずしも期待通りとは言えず…。前作の「狂愛ROMANCE」みたいな分かりやすいキラーチューンが不在で即効性に欠けるってのもあるかな。スルメ系のメロが多い気もするんでもうちょっと聞き込みが必要か…。

https://www.melonbooks.co.jp/circle/index.php?circle_id=34486
Noahさんのサークル「ExistRuth」ってイグジストゥルースって読むのか…そっかExistとTruthをかけてるのかぁ…なるほどカッコいいネーミングっすな。まあ夏コミ新譜は東方アレンジだったから買ってないんですけどね。今回東方も買おうと思ってたけど結局あんやほさんのしか買ってない…。

夏コミお疲れ様でした

今回は例年に比べたら少し気温低めかな?なんて感じたんですけどそれは個人的な感覚であって実際のところは熱中症で搬送される人が続出する危険な夏コミだったようですな…。2日目と3日目に参戦する方々もくれぐれもお気を付けください。

購入予定のものはほとんど買えました。買い逃し多かった冬コミとは大違い。
完売を危惧してたサークルも意外に新譜残ってたし。まあそれは必ずしも良いことではないかもしれないですが…。

あと今回印象に残った事と言えばDIAさんのサークルですな。新譜は未発表の没曲を集めた作品集だった訳ですが、面白い試みとして、そのジャケに直に手描きで個別にイラストを描いてらっしゃいまして…ツイッターで拝見していてもその様子がとても楽しそうだったというか、制作の過程がこんなに楽しそうな同人CDっていうのも珍しいなと。こういうのも同人ならではですよね。

C94(夏コミ)おすすめサークルまとめ

まあ例によってまとめる程の数はないんですけどね。今回は特に買うもの少ないな…。
台風は心配だけど代わりに気温は低めになりそうかな?と思いきや金曜だけ気温高い予報になってる? おい…。


の22b Pratanallis
https://www.pratanallis.net/
基本的に女性ボーカル同人ゴシックに分類されるタイプのサークルだと思うんですが、テクニカルなギターソロやドラマチックな楽曲構成などメタラー向けの要素がてんこ盛りなのでもっとメタラーに知れ渡って欲しいと思うサークルですね。
今回は初のフルアルバムをリリース。

は01a WHITEFISTS
https://twitter.com/kenshiro_guitar
現在の同人メタルの最前線を行くテクニカルメタルサークル。新譜の具体的な情報はまだなんですけど…夏コミで2ndアルバム出るのは確定っぽいんで期待しましょう。

つ10b BLAPTOPHOBIA
http://blaptophobia.seesaa.net/article/460753373.html
あんやほさんの新譜は初期曲(スラッシュメタル)のリメイクと東方アレンジの2作。スラッシュメタルリメイクのほうはあんやほさんらしい狂気が満載だし、東方アレンジのほうはデモということですがなかなかの完成度。
でも個人的にこのサークルで一番おすすめなのはやっぱ「APOCALYPSE」ですな。あんやほさんの構成要素が全て入ってるのはこれだけだと思うし。

は06a vital plateau
https://vital-plateau.booth.pm/
先日紹介したこのサークル、ロキノン系なんですけど非常に素晴らしい内容なのでエモい感じの邦ロック好きな人には是非聞いて欲しいですね。

は09b demi
http://demiworks.net/
廃盤だった1stアルバム「迷信」の新装版がリリース。これはまじ名作なんで皆さま是非聞いてください。

ゆ37b Chloro
https://twitter.com/xiloro_info
今回はChloro名義なんでXiloroとしての新作は無いと思いますが、春に出た無料アルバムが群を抜く名作度なんで是非聞いてみてください。気に入ったら夏コミで有料のアルバムも買ってください。このサークルは現在リリースしてる3枚のアルバム全て名作級。ハズレ無しです。

は19b Harmonic Reflection
https://twitter.com/HarmonicReflect
DIAさんコミケ初出展。新作はないけど準新作「Nekros」におけるゲーム音楽+ハードコアなロックサウンドの融合は必聴。



Minstrelの5年ぶりの新譜か…オリジナルなら確実に買ってたけど東方アレンジかぁ…。ってか手焼きでオリジナル曲も頒布するっぽい?
花たんさんの歌ってみたCDは今回はロック系中心みたいなんで買ってみようかなぁ。

https://twitter.com/nonsfactory/status/1025685136443027456
綾間テルヨシさんのコンピ提供曲、完全にのん's Factoryの時の曲調やん…。コンピってことは1曲だけなんだよね? でもクロスフェードだと3曲くらいあるように聞こえるんだが。もしかして8分くらいある長編曲? 女性ボーカルは今流行りのバ美肉ですな。

vital plateau(繁山亮)「no regret,no life」

2018-07-27_035931.jpg

https://vital-plateau.booth.pm/

昨年秋M3から積んでた作品の1つなんですけどね…これ良いですよ。めっちゃ良い。ガチで名作。
期待度あんま高くなかったから長らく積んでた訳なんですけどこんなに良いならもっと早く開封すべきだった。

ですが同人音楽的におすすめ作品と言えるかっていうと微妙でして、なんせこの作品ロキノン系なんですよね。この界隈では男性ボーカル作品ってだけでも需要低いのにロキノンとなると更に需要が限られる。ですがそういうの抜きにして純粋に音楽の魅力で語るなら本当に価値高い作品だと思う訳ですよ。
まあ正直オタクイベントで売るよりかはインディーロックとして売るべき作品に聞こえるけど…この繁山亮さんはM3のみならずコミケまで出展してること考えるとやっぱオタク側の人間なんだろうなと。

かく言う自分もロキノン系にはぶっちゃけ疎いので、この作品聞いても初期バンプっぽい?シロップっぽい?みたいな浅はかな感想しか出てこないんですが、でもジャンルの知識とか関係なく良さは感覚的に理解できる訳ですよ。むしろ普段あんまロキノン系聞いてないから新鮮に響くっていうのもあるかもしれないし。

が、実はこの繁山さんのboothのページにはご親切にも自らの音楽性についての詳しい言及がなされていまして、影響を受けたジャンルなどについても具体的に書かれていて門外漢リスナーも大助かり。

その説明を引用しますと、
「90年代後半〜2000年代前半にかけて隆盛した、所謂、下北沢系ギターロックを下敷きに、昨今リバイバルで盛り上がる90sEMOに先祖返りして、いなたさ、寂寞感、直情感をマシマシ。90'sEMOの参照先はThe Get Up Kids,American Football,mineral、リバイバルでいうとCstvt,AlgernonCadwalladerあたりを筆頭。」

…あー…そういうことね完全に理解した。
嘘ですさっぱり分かりません。90s EMOね…。EMOってあれでしょ、みんな言ってる「エモーい」ってやつのジャンル版でしょ? 違うか。ジャンルとしてのEMOっていうのはいまいちよく分からん。超ご親切に具体的なバンド名まで挙げてあるからそれを聞けば分かるのかもしれん。ってことで名前挙がってるアメリカンフットボールをiTunesでちょろっと試聴してみたけどなるほど確かに良さげっすな…。そのうちアルバム聞いてみたい。

ところでこの繁山さんの音楽って、一般的に「エモーい」って評されるタイプの音楽と比べるとずいぶんとキャッチー寄りに聞こえるんですよね。JPOP的な親しみやすさが満載。キャッチーなメロディ大好きな自分としてはそこがツボにハマった。

本作は収録曲10曲のフルアルバムで、本当に良い曲ばっかり。無駄な曲が全然ないんですよ。メジャーアーティストのアルバムであっても「この曲は別に入れなくても良かったんじゃね?数合わせ?」みたいな微妙な曲あるじゃないですか。そういうのが全く無いんですよ。まじで驚異的な楽曲充実度。
知識の薄すぎる自分の耳だとアップテンポな元気な曲は初期バンプっぽく聞こえ、ミドルテンポの曲はシロップ風に聞こえる。だからその2バンド好きな人なら楽しめるような気がする。分からんけど。

ボーカルもギターもオケも全て繁山さん1人でこなしていると思われますが、1人プロジェクトとは思えない完成度の高さ。演奏もサウンドも文句なし。硬質なベースサウンドが目立つミックスになってるのでバキバキなベース好きな人にもおすすめ。
ボーカルについては若干音程に不安定な部分は残っていてアマチュア臭はあるんですが、でも独特のハスキーな声質になんとも言えない味わいがあって実にエモーショナルなんですよね。アマチュアならではの良さがあると思う。

どの曲も素晴らしいんですが特に7曲目「Take.1」と9曲目「paperwing」の良さは異常。前者はエモさ極まった歌唱と絶妙なアレンジに脱帽する他ないし、後者はハードロック寄りの重厚なギターリフとポストメタルのような壮大感ある間奏に驚かされる。
その他も良い曲ばっかり。ほぼ全曲おすすめ。

このサークル「vital plateau」は来週の夏コミにも参加するんで(西は06a)、その時に購入おすすめします。
プロフィール

同人音楽初心者

Author:同人音楽初心者

メタル系とプログレ要素のある同人音楽を中心に扱います。
ゴシック系やサンホラ系の比重は少なめです。

Information

↓当ブログ的に超絶おすすめなサークル2選!!!
必聴です!!!!!

http://lostmyproust.jimdo.com/

https://tomorro4.bandcamp.com/

↓その他のおすすめサークルはこちらにまとめてあります
http://adtoe.blog.fc2.com/blog-category-75.html

最新記事
カテゴリ
VA (4)
Imy (1)
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QLOOKアクセス解析