FC2ブログ

nonorain「little things, little songs」

2018-12-13_013704.jpg

https://nonorain.booth.pm/

某Laralastudio風の手描きイラストジャケが目を惹いたサークルです。今作は写真がメインになってるからそうでもないけど前作はめっちゃ某Laralastudio感あったんすよね。
同人音楽界は神絵師さんによる神イラストジャケが主流だしそっちのほうがオタク的購買意欲をそそるのは確かなんだけど、たまにこういう素朴イラストが恋しくなるってのもありますよね。いかにも手作りで同人音楽感あって。

ちなみに中身の音楽のほうは全く手作り感はなくてむしろメジャー級の本格クオリティ。そこも某Laralastudioとの共通点かなぁ。音楽性も割と近くて、ウィスパー声の町之さんフィーチャリングした曲に通ずる雰囲気がある。

でも某Laralastudioよりも一番近いのはやっぱviewtorinoですな。M3の時のこのサークルのスペースに「繊細なボーカルを軸にUKインディー、エレクトロニカ、シューゲイザーを織り混ぜたポップミュージックです」って説明文が掲げられてたんですけど、これってそのまんまviewtorinoに当てはまりますからね。繊細なボーカルっていうのは身も蓋もない言い方に替えればウィスパー系ロリ声ってことですし、そして洋楽志向のギターロックサウンドという点も同じ。
なのでviewtorino好きな人には是非ともおすすめしたいサークルだし、逆にこのサークル気に入った人にはviewtorinoもきっと刺さると思う訳です。

サークルのメンバー構成はギター&作編曲担当の男性と女性ボーカルの組み合わせかな。この界隈で最も多いパターン。
本作は5曲入りのEPで、3曲目だけ別の女性ボーカルが歌ってるんだけど、この人も癖のない綺麗な歌声で悪くはないんだけどやっぱメインで歌ってる繊細kawaiiボイスの「ハルカナ」さんの歌声のほうが断然魅力的だというのは正直なところ。

やっぱ1曲目のタイトル曲「little things,little songs」と4曲目「#4682b4」が特に素晴らしいですね。柔らかなメロディとkawaiiボイスが絶妙すぎる。
ってか5曲目がボーナストラック扱いになってるんだけど、これもめっちゃ良い曲なのにたったワンコーラスしかなくて1分半程度で終わっちゃうのが惜しすぎる。4曲目も2分半しかないし、曲が全体的に短いのが難点。

ウィスパー女性ボーカル+ギターサウンドの組み合わせが好きな人に特におすすめ出来るサークルかと思います。
スポンサーサイト

波・エネルギー「vol.4 惑星輪廻紀行」

2018-11-15_032823.jpg

https://twitter.com/nami_energie/status/1056137014376951808

このサークルは前々からカタログ等で名前は目にしてましたけど買うのは今回が初めて。
タイトルで一目瞭然ですが4作目のアルバムのようです。「vol.1」が2015春M3リリースと書かれてるんで同人活動3年半?

過去作ではボカロ曲と男性ボーカル曲が入り混じった内容だったみたいなんですが今作は全曲が男性ボーカル曲になってますね。
ってか何気にこのボーカルかなり上手いっていうか、メロディアスな曲では多少不安定な部分も見受けられるけどエネルギッシュに叫ぶ系の曲ではメジャー級のオーラがあるようにさえ聞こえる。なのに何故過去作ではボカロ曲が中途半端に入ってたんだろうか。まあ男性ボーカル作品が同人音楽界では需要低めだということを考慮してたのかもしれませんが。

ジャンルはというと…基本は邦ロック系のノリだけどラウド寄りの激しい曲やカオティックな曲もあったりで割と幅広い。ボーカルの声質も手伝ってか若干昭和風味を帯びた歌謡ロック調な曲が多めかな。1曲目、3曲目、4曲目あたりは特にレトロ感ある。
印象に残る良いメロディの曲多いけど何かどっかで聞いたようなメロもあったりで気になるって言えば気になるんだけど…まあ似たメロディの曲なんてこの世に山ほどあるから。そこを気にしなければ捨て曲ないレベルで充実してると思う。

激しめの曲では2曲目の「サイレント」が聞き所かな。ぶっきらぼうなハスキーボーカルのシャウトとソリッドなギターサウンドが爽快。
5曲目「H波」はダーク&ヘヴィ&カオティックなミクスチャーロック調で最もメタラーに響くタイプの楽曲かも。複雑な曲構成でプログレ感もあり。
メロディアスな曲では8曲目「始まりはいつも」がハイライト。爽やか青春ロック調。
ラストのタイトル曲「惑星輪廻紀行」もなかなかグッと来るメロディのバラード。

十分なクオリティありますし良い曲が揃ってるんでハスキーな男性ボーカルのギターロック好きな人なら買って損はない内容かと思います。

Syntilance「Retrospective」

2018-11-15_032750.jpg

https://twitter.com/syntilance


秋M3新規サークルでございます。いちおうメタル系…なのかな。まだこの1曲入りシングルしかリリースされてないので不明な部分が多いです。

ってかツイッターのプロフィールに書いてありますけど「女性二人組ゆるふわ同人音楽ユニット」であり「シンフォニックなメタル?ロック?ようわからん謎ジャンル」をやってるとのことです。なるほど。
まず、女性2人組ってのは割と珍しいですかね。この界隈は男性コンポーザーと女性ボーカルの組み合わせが圧倒的に多いですからね。有力なサークルはほとんどこれでしょう。だから女性の感性で全て作られた楽曲ってのは他の同系統サークルと差別化できる物になる可能性もあるかもしれない? まだ未知数ですけど。

一方、メタルだかロックだかよく分からん謎ジャンルってのはこの界隈においては日常茶飯事レベル。メタルといいつつV系ロックだったりゲーム音楽やサンホラを通過したメタルの亜種だったりがほとんど。むしろ自らをしっかりメタル(HR/HM)と定義付けてるサークルのほうが珍しいくらい。

このSyntilanceの場合はとりあえずこのデビュー曲を聞いてみた感じでは…アップテンポではあるけどメタル感は乏しいですかね。ストリングスやピアノを基調としたアレンジで、やはり同人音楽で標準的なシンフォニックロックって印象。全体的にソフトな雰囲気なのは女性コンポーザーであるゆえなのか。まあギターが打ち込みのせいもありそうだけど。
ボーカルさんの声質は同人音楽でいうとeupeさんやリリハルのemiさん辺りに近い雰囲気かなぁ。繊細で柔らかで透き通った声質。歌唱力も安定してる感じ。

あとジャケにそこはかとないプログレ感があってそこも個人的に惹かれたポイントだったりしますが…音楽性には特にプログレっぽさはないかな。少なくともこの曲では。

とりあえず1曲聞いただけじゃ何とも言えないっすね。やっぱある程度まとまった曲数の入った音源が出ないことには。次のM3でEPもしくはアルバム出ることに期待です。

C95(冬コミ)の新譜情報とか。その1

https://twitter.com/irony_irori/status/1068446115110907904
「キャッチーでウィットでセンセーショナルなヘヴィメタル」という宣伝文句が印象的な「Earnest Ibis」って新規サークルなんですけど冬コミ頒布予定の1st EPから1曲公開されてました。
イントロ聞いた感じでは割としょぼいクオリティのボカロメタルかなぁと侮ってたんですけどね、Bメロ辺りから良い意味で予想を裏切る展開を見せ始めて「お?」ってなり、サビでは切なくドラマチックなメロで一気に攻めてきて「おお?なかなか良いんじゃね?」となり、そしてギターソロ&キーボードソロで思いっきりたまげました。なんじゃこのガルネリな展開。めっちゃクオリティ高え!! 「キャッチーでウィットでセンセーショナル」という大仰なキャッチコピーは伊達じゃなかった。もしこのレベルの楽曲が何曲も並んだEPだとしたらPratanallis以来の同人メロスピの新星かもしれない? これは冬コミのマストバイ作品なんじゃないでしょうかね。

https://webcatalog-free.circle.ms/Circle/14230796
こっちの「VOCALOID×生声女性ボーカル シンフォニックメタル コンセプトCD」ってほうも過去のアレンジ曲を聞く限りではかなりクオリティ高めだし期待していいんですかね。
冬コミ不作になるかと思いきや意外に新規枠が充実するかも?

https://twitter.com/ParadiseEve_ja/status/1068830246042890240
Paradise Eve再始動か。懐かしい名前ですな。なんと7年ぶりの新作ってことで。「騎士エメラルド」は本当に名作で同人音楽聞き始めの頃かなりヘビロテしてた思い出あります。
このサークル(甲斐ユウさん&久遠ゆんさん)はゴシック系/物語音楽系のファンからの人気は高かったと認知してますが、今回メタル界隈の人達もこのParadise Eve再始動の件を話題にしてたのが少し意外に感じた。まあそれだけジャンルを越えて支持されてたサークルってことですかね。知らなかった人はこの機会に過去曲聞いてみるのも良いんじゃないでしょうか。

https://twitter.com/YusukeIP/status/1067791578796720128
ぱっちりひつじも幻想音楽祭に出んの? このImaginary Perceptionってのもプログレ系だと思うし、秋の覇権サークル(大嘘)の変拍子ポップゆ~くれも合わせてもはや幻想音楽祭は実質プログレイベントと化したと言えそう? いや言えるはずないですけどね。ってかこの流れでCrimdollも参加してたら面白かったのにね。
まあそれよりも果たして冬コミでぱっちりひつじ新作は出るのかどうか。それが一番の関心事ですが。わざわざイベント連続参加するのに新作が無い訳がないですよね?

KABOSNIKKI「日記」

2018-11-15_032841.jpg

https://kabosnikki.booth.pm/

ロキノン系です。またしてもあえてロキノンなサークル買ってみました。

そもそもロキノン系ってM3で売られてるオタク音楽とはある意味で対極に位置しそうなイメージだけど、ところがこれが意外に当たり作品に出会えることあるんですよね。それに気付かされたのが昨年秋に買った繁山亮さんのアルバム。なんせ昨年買った同人CDの中でも屈指の名盤でしたからね。邦ロック系好きな人にはまじおすすめのサークル。
それに味をしめて再びロキノン系にチャレンジしてみた結果、またしてもなかなかの当たり作品に出会えました。それがこの「Kabosnikki」。

ジャンルとしてはまあ邦ロックっていうかオルタナ系ギターロックなんですけど、サークルカット等で自ら「セツナ系」を称してるだけあって切なく甘酸っぱいメロが盛り沢山な作風。エモさもあると思うけど基本はキャッチー系ですね。
ギターもボーカルも作編曲も音作りも全て1人で行ってる完全ソロプロジェクトのよう。ギターはともかくボーカルはちょっと音程が危うくて頼りないところもあったりでアマチュア感はありますが、でも声質(特にファルセットの時)が切ない系の邦ロックにピッタリな声なんでそれも大した問題にはなってない印象。

10曲入りフルアルバムでボリュームは十分。
1曲目がノイジーなギター主体の少し前衛的なマスロック調、続く2曲目もハードロック風リフを備えた渋めの曲だったりしますけど、その後は基本的にキャッチーさがメインの楽曲が並んでます。
3曲目、5曲目、7曲目、9曲目あたりの爽やか&甘ったるいメロディが際立った楽曲はいずれも秀逸な出来栄え。特に5曲目「柔な季節」は間違いなく名曲だし9曲目「グライダー」もかなり気に入ってて結構ヘビロテしてました。
激しめでアップテンポな楽曲は4曲目「ワンピース」しかないんだけどこれが轟音ギターが鳴り響いて勢いありまくるカッコいい曲なんですよね。

良い曲多いんで邦ロック好きな方にはおすすめです。
オタクイベントM3であえて非オタク系な作品買ってみるのもたまには良いんじゃないでしょうか。面白い発見もあるかも。
ちなみにこのKabosnikki、「syvyys.」っていう女性ボーカルのサークルの楽曲にアレンジで携わってたみたいなんですよね。そっちは買った人いたんじゃないかな。
プロフィール

同人音楽初心者

Author:同人音楽初心者

メタル系とプログレ要素のある同人音楽を中心に扱います。
ゴシック系やサンホラ系の比重は少なめです。

Information

↓当ブログ的に超絶おすすめなサークル2選!!!
必聴です!!!!!

http://lostmyproust.jimdo.com/

https://tomorro4.bandcamp.com/

↓その他のおすすめサークルはこちらにまとめてあります
http://adtoe.blog.fc2.com/blog-category-75.html

最新記事
カテゴリ
VA (4)
Imy (1)
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QLOOKアクセス解析